マー君ら故障でダルが抜本的提言

ざっくり言うと

  • ダルビッシュ有投手が、肘痛が続出する投手の登板間隔に警鐘を鳴らした
  • 「もう1枠、先発の枠を」と話し、選手を守るため投手のワークシェアを提言
  • 一方、肘を痛める田中将大投手はPRP療法と呼ばれる患部への注射を行った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング