<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「ジョン・ディア・クラシック」でツアー初優勝を挙げたブライアン・ハーマン(米国)が前週の115位から70位に大きく順位を上げた。
 欧州ツアー「アバディーンアセットマネージメント スコティッシュオープン」で優勝したジャスティン・ローズ(イングランド)は6位から3位に浮上。首位は変わらずアダム・スコット(オーストラリア)がキープしている。
 日本勢では松山英樹は前週と変わらず15位、小田孔明が1ランクダウンの61位、石川遼は順位に変動なく76位となっている。
【男子世界ランキング】
1位:アダム・スコット(8.86pt)
2位:ヘンリク・ステンソン(7.88pt)
3位:ジャスティン・ローズ(7.34pt)
4位:バッバ・ワトソン(6.90pt)
5位:マット・クーチャー(6.73pt)
6位:ジェイソン・デイ(6.46pt)
7位:タイガー・ウッズ(6.37pt)
8位:ローリー・マキロイ(6.30pt)
9位:セルヒオ・ガルシア(6.13pt)
10位:ジョーダン・スピース(5.90pt)
70位:ブライアン・ハーマン(2.03pt)
15位:松山英樹(4.90pt)
61位:小田孔明(2.16pt)
76位:石川遼(1.81pt)
119位:谷原秀人(1.36pt)
125位:片山晋呉(1.32pt)
166位:宮里優作(1.08pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】ロイヤルリバプールを制した06年ウッズの勝利と女神の好み
B・ハーマンがツアー初V!全英OPの出場権獲得
石川遼が成果の出ている合宿を切り上げ全英出場を決めた理由
【関連リンク】
ユーザーが評価した一番飛ぶドライバーはどれ?
今週の「美ゴ女」はモデル兼社長のセクシー美女が登場!