ディズニー史上初の連載漫画化、世界に先駆け公開前にストーリー解禁。

写真拡大

12月20日公開のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作「ベイマックス」が、ディズニー・アニメーション初の連載マンガになることがわかった。世界中で公開が待たれる中、日本だけで先行してストーリーが解禁される。

「ベイマックス」は、唯一にして最愛の存在であった兄タダシを謎の事故で亡くしてしまった、ひとりぼっちの少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。

本作の舞台となるのは、サンフランシスコと東京を融合して作られた架空都市「サンフランソウキョウ」。この街で誕生した“ベイマックス”は白くて丸く風船のように膨らむ柔らかボディで、心とカラダを守るためにつくられた究極のケア・ロボットだ。顔は日本の鈴を参考にデザインされ、そのつぶらな瞳は私たち日本人にとっても、どこか懐かしくもかわいらしい。また劇中に登場する街並みや、建物の外観、また漢字の看板にいたるまで、細かなアクセントすべてに日本要素が盛り込まれている。

そんな日本文化が色濃く盛り込まれた世界観をより大きな展開にするため、ディズニー・アニメーション・スタジオが注目したのは、世界を牽引するポップカルチャーであり、万人に愛され続けている日本のマンガだ。

マンガ愛に溢れ、本作を手掛けたドン・ホール監督は「日本にインスパイアされた『ベイマックス』を、“マンガ”を通して世界に伝えたかった」と、製作当初からの念願だったと語る。

これまで「塔の上のラプンツェル」や「ウォーリー」、また実写では「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど、単発でのマンガ化はあったが、映画本編の前日譚を描く「エピソード0」や、世界に先駆けストーリーが解禁となる「マンガ連載」は、ディズニーの長い歴史の中でも史上初の試みだ。

気になるマンガ版を手掛けるのは、「週刊少年マガジン」で連載され人気を博した「ファイ・ブレイン 最期のパズル」作画担当の上野春生。編集担当者は、本作で描かれる兄弟愛を最も重要なテーマと感じ、「兄の意思を引き継いだ人間ではないベイマックスの繊細な愛情表現を描けるのは上野先生しかいない」と太鼓判を押している。

上野本人も「子どもの頃から誕生日と言えばディズニーのプレゼントをもらえる日!というくらいディズニーが好き」「ディズニーのマンガが描けるという夢のような話に考える前に口が勝手に返答していた」と相思相愛だ。

また「ベイマックスは可愛くて美味しそうなフォルムで子どもたちからお年寄りまで親しみやすいキャラクター。マンガ版の読者の方にも親しんでもらえたら嬉しい」と強く語っている。

映画「ベイマックス」は、12月20日(土)全国公開。マンガ版は「エピソード0」が「週刊少年マガジン36・37合併号」(8月6日発売)にて掲載、「マガジンSPECIAL9号」(8月20日〜)にて新連載がスタートする。