数量限定の「アオオニ学習帳」、「青鬼」大ヒット記念でプレゼント。

写真拡大

無料でダウンロードできるフリーソフトとは思えぬクオリティの高さで、ニコニコ動画、YouTubeなどで、関連動画が5,000万回視聴された超人気ゲームの実写化企画「青鬼」が7月5日に公開され、12日からは16館拡大の25館で上映がスタート。わずか25館での上映ながら、土日2日間で総動員数1万6,211人、総興収2,163万4,200円を記録し、前週比312%という驚異的な数字を達成した。スクリーンアベレージも86万5,368円まで延ばし、前週比112%と成績をあげている。

この好調を受け、7月19日(土)以降はさらに18館追加、計43館での拡大上映が急遽決定。今後も順次拡大上映を予定している。

そして19日(土)からは大ヒットを記念して、お宝アイテム化必至の入場者プレゼント第2弾“アオオニ学習帳”が、先着3万人の数量限定で配布されることが決定した。表紙はキモカワな風貌が人気の青鬼の顔面で、裏表紙には青鬼の生態を学ぶことができる“アオオニ学習図鑑”が掲載されているという、こだわりのアイテムだ。