写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で14日、翌日にオープンを控えた『ハリー・ポッター』をテーマにした新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(The Wizarding World of Harry Potter)」の前夜祭が行われ、アイドルグループのSMAP、タレントのベッキーらが出席した。

前夜祭はエリア内のホグズミード村にて、約1,000人のハリー・ポッターファンが見守る中で開催。中央に敷かれたレッドカーペットに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ファンクラブ会長を務めるベッキーや、ユー・エス・ジェイ代表取締役CEOグレン・ガンペル氏らが続々と登場した。そして、映画シリーズでハリー・ポッターのライバル的存在のドラコ・マルフォイを演じた俳優トム・フェルトンと、オープン日発表記念式典にも出席したルーナ・ラブグッドを演じた女優イヴァナ・リンチが姿を現すと、ハリポタファンから大歓声が沸き起こった。

さらに、ユニバーサル・スタジオジャパン大使を務めるSMAPの中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾も、オープン日発表記念式典に続いて登場。「キャー!!」という声が鳴り響く中、レッドカーペットを歩いた。ステージでは、グレン・ガンペル氏が「全世界から何百万人もの観光客を呼び込めると思っている」と自信を見せ、ひと足早く体験したというSMAPも絶賛。「ものすっごいです!」(木村)、「本当に世界最高の最高です!」(香取)と大興奮だった。

その後、トム・フェルトンとイヴァナ・リンチのリードにより、全員で「ルーモス!(光よ)」と呪文を唱えると、ホグワーツ城を中心とした「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」全体に光が灯り、花火が盛大に打ち上げられた。そして、色とりどりの紙ふぶきが舞い、会場は大歓声に包まれ、総投資額450億円というビッグプロジェクトの歴史的幕開けを祝った。