PGAに初の女性理事が誕生した(撮影:ALBA)

写真拡大

 日本プロゴルフ協会(PGA)は14日(月)、都内にて定例理事会と臨時総会を開催。会の終了後には記者会見が開かれ、国内外で62勝を挙げた女子プロゴルファー岡本綾子が会員外理事に選任されたことなどが発表された。
【上杉隆コラム】PGAの健全化を声に出せる第一歩となれるのか?
 記者会見には倉本昌弘PGA会長と共に岡本も出席。倉本は岡本を選任した理由について、「PGAの中には女性理事が必要であると考えていました。候補者を選定する中で、世界を知っていること、女性視点で考えられることなどから岡本さんが適任ではないかと考えました。若い子を育てている点も興味があります」と説明。また、「我々の視点ではわからないところをぜひ手伝ってほしいと考えています」と岡本に対する期待を話した。
 一方で岡本は、「どういう仕事をしていくのかはまだ正直わかりません。これから勉強していくのだと思います」と現在の心境を説明。また、「倉本会長がこれからやろうとしていることが、私の仕事の第一歩だと思います。どういう携わりができるかはわかりませんが、お手伝いしていきたい」と理事就任への思いを明かした。
 会見の後半ではコンプライアンス委員会からの提言に関する6項目の決議事項を発表。反社会勢力との付き合いの根絶を目指して新体制の確立が進められている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>