写真提供:マイナビニュース

写真拡大

家族や恋愛、お金や仕事など、日常における悩みは多いもの。ここでは、心理学者の平松隆円さんがマイナビニュースのQ&Aコーナーに寄せられた悩みにお答えします。

今回のお悩みタイトルは、「息子がUFJ行こうと騒ぐので連れて行ったら大泣き。USJの間違いだった」です。

■質問

10歳の息子が先日スーパーの帰りに「パパ、UFJ行こう」というので、学校の宿題で銀行とかを見る必要があるのかと思い連れて行ったら大泣きされました。詳しく話を聞いてみたらUSJの間違いでした…。がっかりさせて正直申し訳なく思ってます。 ということで、来週USJにいくことになりました。とはいえ、なんだかHPを調べてみたらえらく広くて全部まわれそうにないです。 子供が男の子なので、男の子に人気のアトラクションを中心に連れて行ってあげたいのですが、正直子供の好みがよくわかりません。 息子がいる方で、USJに連れて行った経験のある方にうかがいたいのですが、子供さんはどういったアトラクションを好みましたか?参考までに教えてください。

⇒この質問にアドバイスをする場合はこちらから。

■回答

USJは一日でまわれます!いろいろ楽しんでください。

USJとUFJ、たしかに一字違いでまぎらわしいですよね。USJと言っているつもりで、おもわずUFJと言ってしまうこともあるでしょう。10歳のお子さんが、おもわずUFJといいまちがえたこと、わかります。

さて、USJの「男の子に人気のアトラクションを中心に連れて行ってあげたい」というご相談ですね。広くて全部まわれそうにないと心配されているようですが、全く問題ありません。USJは1日で回りきれます。もちろんそれは、オンシーズンの混み合っているときであれば、少し難しいのですが、それでも裏技的な方法があります。今回は、それを相談の回答代わりにご紹介しますね。

1)公式アプリをダウンロードしましょう

USJには、公式アプリ(iPhone・Android)があります。これをダウンロードしておくと、アトラクションの待ち時間がわかるんです。「パークの端にあるお目当てのアトラクションに行ってはみたものの、90分待ちだった」というのであれば、時間がもったいないですよね。今いる自分の場所から、待ち時間の少ないアトラクション順にまわっていけば、とても効率的です。

2)エクスプレスパスを利用する

通常は、ならんで順番を待たなければいけませんが、USJにはならばずに優先的にアトラクションを利用できるエクスプレスパスというものがあります。これは有償なのですが、待ち時間を買うと考えれば決して高いものではないと思います。それに、10歳のお子さんが60分もの長時間、待つのもかわいそうですよね。オンシーズンにUSJとお考えであれば、エクスプレスパスの利用もよいかもしれません。

10歳のお子さんなら、「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」「シュレック 4-D アドベンチャー」などが楽しめるかもしれませんね。ですが、アトラクションのなかには身長制限のあるものもありますので、事前に調べておく必要があるかと思います。いずれにしても、お子さんと一緒にホームページをみながら、どのアトラクション行くかを相談すると、親子の関係がより深まるでしょう。

ちなみに、ボクのオススメは、「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」です。ぜひ、こちらも挑戦してみてください。

(イラスト: のでこ)

○著者プロフィール

平松隆円…化粧心理学者 / 大学教員1980年滋賀県生まれ。2008年世界でも類をみない化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。国際日本文化研究センター講師や京都大学中核機関研究員などを経て、現在はタイ国立チュラロンコーン大学講師。専門は、化粧心理学や化粧文化論など。よそおいに関する研究で日本文化を解き明かしている。NTV『所さんの目がテン! 』、CX『めざましどようび』、NHK『極める 中越典子の京美人学』など番組出演も多数。主著『化粧にみる日本文化』(水曜社)は関西大学入試問題に採用されるなど、研究者以外にも反響をよんだ。ほかに『黒髪と美女の日本史』(水曜社)など。

(平松隆円)