写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で14日、翌日にオープンを控えた『ハリー・ポッター』をテーマにした新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(The Wizarding World of Harry Potter)」が報道陣に公開された。

小説や映画で愛されている『ハリー・ポッター』の世界を、総投資額450億円をかけて忠実に再現した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。東京ドームのグラウンド約3個分の敷地内には、シンボルであるホグワーツ城がそびえ立ち、その前には魔法使いの住むホグズミード村が広がる。

オープン前日の14日、報道陣にすべてのエリアを公開。「世界最高アトラクション」に輝いた「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」、コースタータイプのライドアトラクション「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」の2つのライド・アトラクションをはじめ、物語に登場する店を再現したショップ8店とレストラン2店、映画のシーンを彷彿とさせる3つのストリート・エンターテインメントなどがお披露目された。