ヤマハ ソフトウェア「VOCALOID3 Libraryギャラ子 NEO」

写真拡大

ヤマハは、女優や歌手として活躍する柴咲コウさんの声をもとに開発した、「VOCALOID(ボーカロイド)3」対応の女性歌声ライブラリ「VOCALOID3 Library ギャラ子 NEO」を発売。

パッケージ版は全国の楽器店などで2014年8月上旬から、ダウンロード版は通販サイト「VOCALOID STORE」で8月5日から取り扱いを始める。

ナレーション制作に役立つ「ギャラ子Talk」も収録

「VOCALOID」は、歌詞とメロディー(楽譜情報)を入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成技術および、その応用ソフトウェア。専用の歌声編集ソフトウェアと、歌声ライブラリと呼ばれる歌手の声のデータベースをインストールすれば、パソコン上で自由に歌声の制作が行える。

今回登場する女性歌声ライブラリには、はっきりとした芯のある声が特徴の「ギャラ子RED」と、しっとりとした深みのある声が特徴の「ギャラ子BLUE」という2つの歌声ライブラリが同梱されており、ロックからバラードまでさまざまな音楽ジャンル、曲調に対応した歌声の制作が楽しめる。

また、ナレーションなどの読み上げ音声の制作に役立つソフトウェア「ギャラ子Talk」や、柴咲さん本人の声による、掛け声や挨拶など100種類以上のボイスマテリアルが収録されている。

キャラクターデザインには、書籍やゲームなどのデザインを手掛けるイラストレーターの富岡二郎さんを起用した。

ダウンロード版の価格は1万6000円(税別、パッケージ版はオープン)。