スカヨハがコーエン兄弟新作に、第1子妊娠中に「妊娠知る女優」役。

写真拡大

スカーレット・ヨハンソンが、コーエン兄弟による新作「ヘイル・シーザー!」に出演するようだ。

スカーレットは、すでにジョシュ・ブローリンとジョージ・クルーニーが出演を決めている本作に出演するため、交渉を重ねている。フランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックとの間に第1子を妊娠中のスカーレットは、本作で“妊娠していることを予期せずに知る女優”の役柄を演じる方向のため、適役となりそうだ。

ジョエルとイーサンのコーエン兄弟は、ワーキング・タイトル・フィルムを通してエリック・フェルナーやティム・ビーヴァンと共にプロデューサーも務める。

1950年代が舞台の同コメディ作には、ジョナ・ヒルも出演交渉中だとバラエティ誌が報じているが、その役柄は明かされていない。そうした中、チャニング・テイタム、ティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズらも出演決定が近いと報じられている。

ハリウッドの仲介人の奔走が描かれる本作は、秋にもプロダクション入りの予定で、スカーレットの出演が決定した場合にも、体型の変動が響かぬようスカーレットの出番の撮影は長くはかからないと見られている。

そんなスカーレットには、新作「ルーシー」やクランクアップしたばかりの「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」などの公開が控えている。