新卒の就活事情が回復傾向にある。「売り手市場」に伴い、問題になっているのが「企業による内定者の囲い込み」と複数の内定を持つ就活生の「内定辞退活動」だ。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏がレポートする。

 * * *
 新卒の就活が売り手市場化しています。企業においては内定者の辞退防止に躍起になっています。一方で、複数企業の内定を持っている学生は、内定を辞退しなくてはなりません。そこで盛んになっているのが、「拘活」「辞活」です。

拘活:企業における、内定者に対する内定辞退防止活動、拘束活動。
辞活:学生の側の、うまく内定を辞退する活動。
です。

 このトレンドに関して、レポートしましょう。

 00年代後半、特にリーマン・ショックの後に「就職氷河期再来」などと言われ、新卒の求人倍率、内定率は悪化していましたが、現在の大学4年生の代にあたる2015年度新卒採用においては回復傾向が顕著です。リクルートワークス研究所が発表した、2015年度卒の新卒有効求人倍率は1.61倍と、前年度の1.28倍よりも0.33ポイント回復しました。2006年卒に1.60倍を記録した際に、就職氷河期は終わったと解釈されていましたから、売り手市場に変わりつつあると言えます。

 もちろん、求人倍率は企業規模、業種によりメリハリがありますけれどね。就職情報会社などが調査している内定率の速報値も、回復傾向です。

 大学教職員の感触を聞いてみても、まだ正確なデータは把握していないものの、内定報告の数も増えていますし、内定先の銘柄も改善傾向だと言います。

 このような環境になると、何が起こるでしょう?そう、内定辞退が増えるわけですね。欲しい学生をいかに繋ぎ止めるかが鍵になってきます。もともと、ここ数年の、就職環境が厳しい時期でも内定長者と呼ばれる学生と、「無い内定」「MNT(未内定)」と呼ばれる学生の格差は拡大していました。欲しい学生は争奪戦になっていました。

 そこで、「拘活」です。欲しい学生をとことん囲い込むのです。この手法も、時代とともに変化しています。

 この「拘活」、いまから20年以上の前のバブル期にも、そして私が学生だった90年台半ばにも盛んに行われていました。「リクルーターと映画館に行った」「内定者で旅行に行った」「ホテルで、拘束された」「すべての内定先を辞退するよう、その場で電話の受話器を渡された」などの他、3S接待なるものまであったと言われています。寿司・ステーキ・ソープランドの略です(寿司・ステーキ、サウナ、ソープランドという説もあります)。かなりの実弾構成ですね。都市伝説かと思いましたが、どうやら当時、学生だった方によると事実のようで。

 さすがに、コンプライアンスがうるさい時代ですし、ネット炎上のリスクもあります。そもそも、若者にとって、ソープランドが魅力的なのかどうかも疑問ですしね。

 では、最近の「拘活」はどうなっているのでしょうか。7月8日付の日本経済新聞は「企業の内定者つなぎとめの主な対策」を紹介しています。面接での高評価を伝えて説得する、交流会や研修でつなぎとめる、内定者との接点を増やすなどの手法があげられていました。どちらかというと、正攻法が中心ですね。

 この記事で紹介されている例の他にも、内定者SNSを立ち上げ、これによってフォローする、アクセス状況が悪い学生はケアするなどの手法も定着しつつあります。

 昔からある手法ではありますが、すべての内定先を辞退するよう強要するなども、もちろんあります。「拘活」の手法も実に多様です。

 では、学生の側の「辞活」はどうでしょうか。こちらは、「拘活」以上に気を使わなくてはなりません。辞退した企業が、将来の取引先になるかもしれないからです。大学でも、失礼ではない内定辞退の方法などについて、指導を行っています。丁寧に電話をかける、メールの文面を工夫する、挨拶に行くなど、王道が中心ですけどね。

 もっとも「拘活」の前に、そもそも学生が集まらなくて困っている企業、「辞活」の前に内定がない学生が存在することもまた事実ですけどね。

 2016年からは、いよいよ就活の時期が繰り下げになりますが、「拘活」「辞活」ともに短期でバチバチとしたバトルになるかもしれません。

 ところで、あなたはどんな「拘活」「辞活」エピソード、テクニックをご存知ですか?体験談などを是非、教えてください。