雄星、自己最速好投も中盤で崩壊

ざっくり言うと

  • 13日のオリックス戦で、西武の菊池雄星が先発した
  • プロ入り後最速の154キロを記録したが、6回途中7安打5失点で降板した
  • 好投していたが、5回から一転打ち込まれ、降板後はベンチで俯いていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング