オフィスの「置き菓子」サービス専用箱。商品は定期的に補充される

写真拡大

 仕事に疲れたとき、甘いものを口にすると心身ともにほっとするものだ。今、オフィスで菓子や軽食を取りたいという需要を取り込んだサービスが拡大している。江崎グリコが展開する「オフィスグリコ」やファミリーマートの「オフィスファミマ」などの、無人販売サービスだ。3時のおやつを皆で取る風景は今や昔。忙しいビジネスマンの小腹を、満たしたいときに満たすサービスが仕事の効率を上げているようだ。

 路上の野菜売りを参考に、2002年からサービスを始めたオフィスグリコ。菓子の専用ボックスにはクッキーをはじめ、グリコの菓子に限らない様々な菓子が入っており、商品はすべて1個100円だ。専用ボックスには、カエルが口をあけたどこか懐かしい集金箱が付いており、週一回程度、専任スタッフが商品の入れ替え、補充、代金の回収等の管理を行う。

 この“置き菓子”サービスは現在、都心部を中心に約12万台の専用ボックスを置くが、3年で3割増やし、約16万個にする計画だという。

 小腹がすいたときに食べたいのは菓子ばかりではない。オフィスグリコは最近、アイスクリームなどの冷蔵デザートやパンなどの提供も始めている。昨年からファミリーマートが始めたオフィスファミマも、類似のサービスだ。オフィスに専用の販売ケース設置し、菓子やカップ麺など約25種類の商品を置く。オイシックが資本・業務提携するベンチャー企業おかんは昨年、軽食の域を超えて、食事の提供を始めた。オフィス内に冷蔵庫を設置し、スタッフがサバのみそ煮や肉じゃがなどの和総菜、オイシックスの野菜などを定期的に補充する。

 オフィスグリコを5年以上利用しているという40代男性はこう語る。「お菓子って、オフィスを出てコンビニに行って、自分で買って食べるほど欲しいわけじゃないんですが、近くに置いてあれば食べるんですよ。だから女性だけでなく、男性の利用者も多いと思います。最近はタバコを吸わない人が増えていますから、一服する機会にもなるんじゃないでしょうか」

 ネオマーケティングの2013年の調査によると、「ビジネスタイムの中でおやつを食べる頻度」を問う質問に対し、毎日が約36%、週に4回が約12%、週3回が18%と、2日に1回はお菓子を食べる人が半数を超えている。また、厚生労働省の先月の発表によると、残業などの所定外労働時間は13ヶ月連続のプラスとなっており、労働時間の長さも、オフィスでの軽食需要を押し上げていると考えられる。

 リフレッシュなどに一役買っている置き菓子サービスだが、そうはいってもオフィスは仕事の場。「静かな時間に隣の人がお菓子をボリボリ食べていると、集中力が妨げられる」という声も聞かれ、自分の満足が他人のイライラを生じさせていないか注意が必要だ。そこで、元国際線CAで人財育成コンサルタントの美月あきこ氏に、オフィスの飲食におけるマナーを伺った。

「他人に迷惑をかけないことが大事だと思います。休憩室やパーティションで区切られた小部屋などがあるなら、お菓子や軽食はそういった場所で食べるのがいいですね。もしなくて、机の上で食べる場合は、周囲への気配りが必要です。置き菓子サービスなどでは考慮されていると思いますが、臭いが強いもの、大きな音が出るもの、ぽろぽろと食べこぼしが多いものなどは避けたほうがいいですね」

 こういったマナーを守った上であれば、オフィスでのお菓子は仕事やオフィス環境に有効だと話す。

「以前は、職場の親睦はもっぱらお酒で深めていましたし、おやつの時間を決めている職場もあったんです。でも最近は、仕事帰りに一杯、ということも減っていますし、仕事の質も変わってきて、皆が同じ時間に休憩を取ることは難しくなっています。個々が自分の隙間時間を使って、手早くリフレッシュすることが求められているんですね。だから職場にお菓子が置いてあって、パッと食べられるのは効率的です。

 また、皆で同じお菓子を共有しているから、あれが美味しかったよとか、ちょっとした話のネタにもなりますよね。職場のコミュニケーションツールとしてもいいと思います」(美月さん)

 タバコ部屋のコミュニケーションがオフィスを活性化させると言われるが、これからは、お菓子部屋の会話がオフィスの潤滑油となるか。