写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドクターシーラボはこのほど、「スメルハラスメントについての調査」の結果を発表した。同調査は6月23日〜25日にインターネット上で実施。男性240名、女性239名から回答を得た。

○約7割は「スメルハラスメント」という言葉を知らない

「スメルハラスメント」とは、臭いで周囲に不快感を与えてしまうこと。「体臭」や「口臭」だけでなく、体臭を隠す香水の香りまでもが「スメルハラスメント」の原因になりえる。

「スメルハラスメントという言葉を知っているか」を聞いたところ、男性の77.1%、女性の73.6%が「知らない」と答えた。続いて、「職場の上司・同僚・部下の中で、臭いが気になる人がいるか」を聞いたところ、男女それぞれ2人に1人は「(臭いが気になる人が)いる」(男性49.6%、女性51.5%)と答えた。

○気になる臭いは「汗」「口臭」「ワキガ」「顔や頭皮」

「どんなシチュエーションで臭いが気になるのか」を聞いたところ、1位は「近くを通るとすぐにわかる」(男性80.7%、女性87.0%)だった。

「何の臭いが気になるか」については、1位が「汗の臭い」(男性45.4%、女性46.3%)、2位が「会話の時に漂う口臭」(男性39.5%、女性40.7%)、3位は「脇(ワキガ)の臭い」(男性32.8%、女性25.2%)、同率で女性は「顔や頭皮の臭い」(25.2%)だった。

○臭いが気になっているのにもかかわらず、男性の3割は対処していない

「自分の臭いが気になったことはあるか」を聞いたところ、男性で「ある」と回答した人は75.8%、女性は77.8%と、約8割が気にしていた。「自分の気になる臭いの原因」としては、「汗の臭い」(男性81.9%、女性80.6%)が1位。以下「口臭」(男性49.5%、女性48.4%)、「足の臭い」(男性45.6%、女性43.5%)だった。

「一日のうち、臭いが気になる時間」は、男女ともに「夕方」(男性67.6%、女性74.2%)がもっとも多かった。しかし2位は男女で回答が分かれ、男性は「夜」(41.8%)だったのに対し、女性は「お昼ごろ」(38.2%)と回答した。

「何か臭い対策をしているか」については、「制汗剤スプレーなどを使用する」「汗をかいたら風呂やシャワーを浴びる」「歯磨きやうがいをよくする」などがあがったものの、女性の19.7%、男性にいたっては30.0%が「特に何もしていない」と答えた。

(エボル)