<ジョン・ディア・クラシック 2日目◇11日◇TPCディアラン>
 米国男子ツアー「ジョン・ディア・クラシック」の2日目。海外メジャー「全英オープン」の前哨戦となる今大会では、予選ラウンドを終えてトータル12アンダーまでスコアを伸ばしたウィリアム・マクガート(米国)とザック・ジョンソン(米国)が首位に並んだ。
 1打差の3位タイにはスティーブ・ボウディッチ(オーストラリア)、ジョンソン・ワグナー(米国)、ブライアン・ハーマン(米国)の3選手がつけ、さらに2打差の6位タイグループにはスティーブ・ストリッカー(米国)ら4選手が並んだ。また、大会連覇を狙うジョーダン・スピース(米国)はトータル7アンダーの16位タイで決勝ラウンドに進出している。
 日本勢から唯一出場の今田竜二は4バーディ・3ボギーの“70”とスコアを1つ伸ばしたが、トータル1オーバーでカットラインに3打及ばず予選落ちとなっている。

【2日目の順位】
1位T:ウィリアム・マクガート(-12)
1位T:ザック・ジョンソン(-12)
3位T:スティーブ・ボウディッチ(-11)
3位T:ジョンソン・ワグナー(-11)
3位T:ブライアン・ハーマン(-11)
6位T:スティーブ・ストリッカー(-9)
6位T:トッド・ハミルトン(-9)
6位T:ライアン・ムーア(-9)
6位T:ローリー・サバティーニ(-9)
10位T:ジェリー・ケリー(-8)他5名
16位T:ジョーダン・スピース(-7)他4名
予選落ち:今田竜二(+1)
<ゴルフ情報ALBA.Net>