2015年NHK大河のヒロイン・井上真央。CM撮影現場で見せたプロ魂
 今、アラサー女性から羨望の的となっている女優といえば、井上真央ではないでしょうか。彼女は2015年の NHK大河ドラマ『花燃ゆ』のヒロインに抜擢されたのですが、先月発表された男性キャストが、これでもかっていうぐらいイケメン揃いなのです。

◆夫役の東出昌大ほか、イケメンに囲まれて

 井上真央が演じるのは吉田松陰の妹・文で、その兄・吉田松陰役は伊勢谷友介。文の夫・久坂玄瑞役は東出昌大。高杉晋作役は高良健吾。プロデューサー自身が「イケメンを意識した」と公言するキャスティングです。6月11日の配役発表会で、井上真央はイケメン3銃士に囲まれ、高良健吾からは「朝ドラで共演したときから大好きです。大好き」と、告白(?)までされていました。

 なかでも注目は、東出昌大&井上真央が、どんな夫婦を演じるか。NHK連ドラ『ごちそうさん』でブレイクした東出&杏という夫婦に続き、東出&真央夫婦もブレイクするでしょうか。

 ところで、杏と井上真央には、なんとなく共通点があるように思います。どちらもNHK朝ドラのヒロインを務めたこと、女性の好感度が高いこと、学年も同じ(杏28歳、真央27歳)、セクシー系というよりは爽やか元気系、制作現場のスタッフの評判がいいこと……。

◆井上真央と杏の意外な共通点

 さらに、新たな共通点が加わったのをご存じでしょうか。それは「リポビタン」(大正製薬)のCMキャラクターであること。といっても、「ファイトー!一発!」じゃないですよ。杏は女性向けドリンク剤「リポビタンフィール」のCMに出ており、井上真央は7月15日から放送される「リポビタンファイン」の新CMキャラクターに起用されたんです。

 「リポビタンファイン」の新CM(ブランコ編)のリリースによると、井上真央は巨大空中ブランコに挑戦。かなりの高さとスピードで怖いはずなのに、ドレープたっぷりのドレスとピンヒールで、とっても楽しそうな表情です。「無理に頑張って元気を出すよりも、自分らしく、そして気持ちよくいられる”元気”のイメージ」を表しているとか。

 最初、監督が安全ベルトをつけてもらうと伝えたところ、彼女は「ベルトは、ないほうが自然だと思いますよ。CG代も浮くし(笑)」と、まさかの逆提案。後ろから屈強な男性スタッフに押されてブランコのスピードがアップしていくほどに、「ひゃあ!すごい!」「きゃー!楽しい!」と、ますます表情が自然体になっていき、監督を感心させたそうです。

 たいした女優さんだわ……。

 また、そういうポジティブな女性の相方として、東出昌大のポワンとした感じが合うんですよね。

⇒【CMのメイキング動画】http://youtu.be/8yG3ziL5uXw

 ちなみに、杏は2013年4月から「リポビタンフィール」のCMキャラクターを務め、その9月から始まった『ごちそうさん』が大成功。CMどおりに元気をもらったのか? だとすると、井上真央主演の2015年”イケメン大河”『花燃ゆ』にも、期待が持てそうです!

<TEXT/女子SPA!編集部>