2014年ウインブルドン男子決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチが、3時間56分におよぶ5セットの激戦の末、第4シードのロジャー・フェデラーを破って、3年ぶり2回目の優勝を果たした。同時に、ジョコビッチは、13年10月以来となる世界ランキングナンバーワンの座をラファエル・ナダルから奪い返した。

 27歳のジョコビッチが、安定感抜群のテニスとメンタルの強さを発揮したが、昨シーズンの自信喪失から復活して、2年ぶりにウインブルドンの決勝へ進出した32歳のフェデラーも見事だった。

 その一方で、経験豊富で実績も申し分のないふたりが、あらためて大きな存在感を示したが、準決勝にはフレッシュなふたりの顔があった。第8シードのミロス・ラオニッチと第11シードのグリゴル・ディミトロフ。ふたりは今回、23歳にして初めてグランドスラムのベスト4入りをした。

 196センチのラオニッチは、ツアー屈指のビッグサーバーで、時速220キロ以上のサーブを武器にしており、一発でウィナーを決めるストローク力もある。

「この2週間、たくさんの成功を収めることができた。今までウインブルドンでは(2回戦進出が最高で)連勝することができなかったけど、ベスト4に進めた」(ラオニッチ)

 一方、ディミトロフは、ツアーでめっきり数少なくなった片手バックハンドを使い、どのショットもタッチに優れたオールラウンドプレーヤーだ。ガールフレンドが、あのマリア・シャラポワということで有名でもある。

「準決勝にいけて嬉しい。安定したいいテニスができている。もちろんアップダウンはあるけど、いつでも自分のレベルを上げることに集中している」(ディミトロフ)

 このふたりに24歳の錦織圭を加えた3人が、今後グランドスラムの優勝戦線に加わり、近い将来、新時代を築くと注目されている。

 たとえば、初のトップ10入り時期で比較すると、ラオニッチが13年8月で当時22歳、錦織が14年5月で24歳、ディミトロフが14年7月で23歳、全員ここ1年で達成している。

「若い世代による新しい波が来ている。彼らは、大舞台でトップ選手に勝つことができることをすでに証明してきている」(ジョコビッチ)

 08年から5年間は、フェデラー、ラファエル・ナダル、ジョコビッチ、アンディ・マリーの、いわゆる"ビッグ4"がグランドスラムやマスターズ1000大会のタイトルを分け合った。10代はもちろん20代前半の選手が、際立った結果を残せない状況が続き、世代交代は一体いつ訪れるのかと危惧されていた。

 しかし、昨年から変化が見られ、フェデラーが6位で13年シーズンを終え、昨年秋に腰の手術をしたマリーは、今シーズン戦列復帰をしたものの、ベストコンディションではなく"ビッグ4"時代はすでに終焉しつつある。

 現在は、ランキングポイント13130点の1位ジョコビッチと、12670点で2位ナダルが、6100点で3位のフェデラーを大きく引き離し、2強時代を形成している。

 もちろん錦織も、トップの勢力図の変化を察知している。

「今年、自分もいいプレーができているが、ラオニッチやディミトロフら若い選手も、トップ選手を倒している。少しずつ変化が見られるのはいいこと」

 追いかけられるフェデラーは、「グリゴル、ミロス、そして、圭らが、ドアをノックしているのを見られるのは嬉しい」と、レベルを上げてきた若手が、トップとの差を縮めてきていることを歓迎している。ウインブルドンでは、まだ上位勢が一枚上手であったものの、錦織らがさらに飛躍する未来が見えるようだった。

「すでに(グランドスラムの)準々決勝や準決勝には到達した。次のハードルを飛び越えられるかどうかが課題だ」(ディミトロフ)

「トップと戦う時の状況が、より分かってきている。自分はもっと良いプレーができると分かってもいる。ここまで来たら、貪欲にもっと勝ちたい」(ラオニッチ)

「もはやトップ選手とプレーする時に恐れはない。トップ選手から学ばなければいけないことは多いけれど、トップ4や5の選手に近づいていっている」(錦織)

 7月7日付けのATPランキングでは、ラオニッチが3920点で6位、ディミトロフは3270点で9位、錦織圭は2780点で11位。後半戦の成績次第で順位が入れ替わる可能性はまだまだある。

 グランドスラムのベスト4入りは、ふたりに先を越された錦織だが、ラオニッチには2勝1敗、ディミトロフには2勝0敗と対戦成績でリードしている。今後、グランドスラムやマスターズ1000大会で、3人のライバル対決を、準々決勝より上のラウンドで数多く目にすることになるだろう。2、3年後、この3人が30代になるジョコビッチやナダルらをグランドスラムで倒していく可能性は十分。ケガさえなければ、錦織にもグランドスラム初制覇のチャンスがあるかもしれない。

 今回のウインブルドンで見られた若手の台頭による新時代の到来は、夏のアメリカハードコートシーズンで加速するのか。そして、8月のUSオープンで、錦織ら3人がどこまで優勝戦線に絡んでくるのか。楽しみは尽きない。

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi