ヘルスケア手帳

写真拡大 (全4枚)

 パナソニック ヘルスケアは7月15日、薬局向けに『ヘルスケア手帳』サービスを発売する。

 同サービスを導入した薬局の利用者は処方箋(せん)の撮影、送付から、受付、調剤完了の確認まで無料のスマートフォンアプリ(iOS、Android)で行える。薬局側は処方箋情報を受信するとともに、利用者の服用履歴など調剤に必要な情報をWebブラウザで事前確認できる。

 調剤薬局で薬を頼む場合、薬局に行って処方箋を渡し、服用履歴やアレルギー歴、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の利用意向などを伝え、薬を受け取るまで薬局で待つなど、特に利用頻度の高い高齢者や子供連れの利用者にストレスを与えていたが、同サービスの利用により、調剤完了呼出まで薬局に行く必要がなくなり、ストレスの軽減と時間の有効利用が可能になる。

 一方、薬局は同サービスを導入することで、離れた医療機関からの新規処方箋獲得など事業の可能性が広がり、営業時間外の処方箋受信により薬剤師の業務ピークシフトができる。また、FAXやメール受付ではできない服用履歴などの確認も事前にでき、確実な調剤業務が行える。

 同サービスは、7月16日から18日まで東京ビッグサイトにて開催される「国際モダンホスピタルショウ2014」に出展予定である。