10日放送の「スタジオパークからこんにちは」(NHK総合)で、女優の加賀まりこが原発反対の姿勢を示した。

ゲストとして登場した加賀は、現在事実婚の状態であることを尋ねられると「夫婦別姓っていう政策があったのに、いつの間にかなくなっちゃって」「最近のヤジの国会観てると、そういう女性を考えてくれるような政策は無視されんだろうなあと思うけど」と、政治に対する思いを語った。

また、司会の戸田恵子が「稽古場にいらっしゃるときも、本当にスッピンで」と、普段の加賀の飾らない姿を明かすと、加賀は、パートナーの意向に合わせて着飾ることをやめたこと明かし、「難しいね、格好つけたり気負うっていうのがあんまりない」と、現在の考えを明かした。

続けて「なんだろう、生きていく上では私たちって、この地球という星に、束の間お邪魔してるだけじゃないですか、所詮」「そんなに気負わないで生きたらどうよって。だから戦争もいらないし、原発もいらないしって思いますよね」と、持論を展開した。

【関連記事】
テリー伊藤が「スッキリ!!」で誤解を招くコメント 「台風が来る前に亡くなってる。悔しい」
内田裕也が「ミヤネ屋」で集団的自衛権に言及も宮根誠司氏は即座に別の話題に切り替える
SMAP中居正広、週刊誌記者を問い詰め「逆ギレ」させていたことを明かす 「『僕の仕事はロクでもないんですよ!』つって帰っちゃった」