フィフィ、執拗な中傷相手に対しTwitterで直接警告

写真拡大

 タレントのフィフィさんが7月11日、自身のTwitter(@FIFI_Egypt)を通じて、数年に渡りネットなどで中傷行為を繰り返しているという相手に対し、迷惑防止条例違反に当たるとして同日「被害報告」を提出したと警告している。

 この件について他ユーザーからの気遣う声に対し、出演するテレビなども全てチェックされ、番組宛てに意見が届くこともあるなど、精神的に影響を受けている様子も覗かせていた。

【関連:東京大学、SNSの“ネット炎上につながる投稿”自動判別システム研究開始―将来的には実用化も】

フィフィさんのTwitterより(@FIFI_Egypt)

※画像はフィフィさんTwitter(@FIFI_Egypt)のスクリーンショット。