「ディスカバリー・ブラックエディション」(サントリーニ・ブラック)

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年7月12日、ランドローバーシリーズ「ディスカバリー 3.0 V6 SE」をベースとした特別車「ディスカバリー・ブラックエディション」を50台限定で発売する。メーカー希望小売価格は734万3000円。

ブラックフィニッシュで力強いスタイリングに

エクステリアでは、19インチアロイホイールやドアハンドル、フェンダーベント、グリルメッシュ、ミラーキャップ、エクステンテド・ルーフレール、プライバシーガラスなどにブラックフィニッシュを採用した「ブラックデザインパック」を特別装備。よりモダンで力強いスタイリングとした。

インテリアは、エボニー(黒色)を基調に、上質な雰囲気を醸し出すグランドアイボリー(象牙色)のウッドパネルを装着。運転中の手元を温かい状態に保つステアリングホイールヒーターも用意された。

安全面では、駐車したスペースから後退して車を出すときなどに、センサーが後方の状況をチェックし、衝突の可能性を警告で知らせる「リバース・トラフィック・ディテクション」、ドライバーから死角となるエリアをモニターして、車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインド・スポットモニター」、フロントバンパーのセンサーが障害物への接近を感知する「パークディスタンス・コントロール」などを備える。

ボディーカラーは、フジ・ホワイト(ソリッド)、サントリーニ・ブラック(メタリック)、フィレンツェ・レッド(メタリック)の3種類。それぞれ、20台、20台、10台を揃えた。