オシム、ブラジル代表の敗因を分析「責任感や恐怖感に支配された」

ざっくり言うと

  • 8日のブラジルW杯準決勝で、独に大敗したブラジルをオシム氏が分析した
  • ブラジルの連続失点の原因は、集中力が切れたことにあったと指摘
  • 内容よりも結果が最優先される中で、恐怖感に支配されたとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング