今季不振のパッティングに光明 4打差10位タイスタートの宮里藍(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全英リコー女子オープン 初日◇10日◇ロイヤル・バークデールGC(6,458ヤード・パー72)>
 ロイヤルバークデールGCで開幕した「全英リコー女子オープン」の初日。初のメジャー制覇を目指す宮里藍は首位に立った上原彩子と4打差のイーブンパー10位タイと上々のスタートを切った。
藍、美香、森田らの練習ラウンドの様子をフォトギャラリーでチェック!
 全英らしくない快晴の中スタートした宮里は、1番でショットが乱れて4オンといきなりの大ピンチ。それでも約3メートルのボギーパットをねじ込むと、続く2番でも約2.5メートルのピンチをパーセーブ。「1番、2番のボギーパット、パーパット。あれで流れに乗れた」とここからリズムをつかむ。
 6番ではバンカーからの3打目をベタピンに寄せてバーディ。8番では約8メートルを放り込んでバーディとし前半を1アンダーの好位置で終えた。後半は14番でバンカーショットのミスからボギー。あがり4ホールで3つあるパー5も「セカンドのライン出しが上手くいかなかった」とスコアを伸ばせなかったものの、しっかり最後まで耐え抜いてメジャーの舞台で久々の好スタートを決めて見せた。
 ショットは高水準をキープしているだけに、さらなる浮上のカギはやはりグリーン上だ。パットの名手も今季は大スランプに陥り、思うような成績を残すことが出来ていない。「今日は上手くかみ合っていい1日でした。2日目もやっぱりパッティングですね。まだ油断できないし、明日は朝早いスタートなのでフィーリングも変わると思う」。まずはきっちり上位で決勝ラウンドを迎えたい。
【初日の順位】
1位:上原彩子(-4)
2位:モー・マーティン(-3)
3位T:サラ・ケンプ(-2)
3位T:ミナ・ハリガエ(-2)
3位T:モーガン・プレッセル(-2)
6位T:ステイシー・ルイス(-1)
6位T:ホーリー・クライバーン(-1)
6位T:エイミー・ヤン(-1)
6位T:リュ・ソヨン(-1)
10位T:宮里藍(E)他
24位T:原江里菜(+1)
47位T:野村敏京(+3)
47位T:森田理香子(+3)他
63位T:佐伯三貴(+4)
63位T:渡邉彩香(+4)他
86位T:成田美寿々(+5) 他
98位T:宮里美香(+6)
98位T:比嘉真美子(+6)他
115位T:大山志保 (+7)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>