9日、中国のバスケットボール男子五輪代表チームが、イタリアとの親善試合で、相手選手の退場で最終的に5人対2人となりながら敗戦したことに、ネット上では怒り・諦め・ため息などさまざまなコメントが書き込まれている。

写真拡大

2014年7月9日、中国新聞社によると、中国のバスケットボール男子五輪代表チームが、イタリアとの親善試合で、相手選手の退場で最終的に5人対2人となりながら敗戦した。

【その他の写真】

中国雲南省曲靖市で行われた親善試合。故障で選手1人を欠くイタリアは、先発選手と交代要員を合わせて9人で試合に臨んだ。

イタリアは、試合中に4人がそれぞれ5回のファウルを犯し相次いで退場。同点のまま延長戦にもつれ込むと、さらに3人が相次いで退場となり、試合終了1分前には2人だけとなった。だが、試合は数的劣勢のイタリアが107−97で中国に勝利した。

中国のネット上では、怒り・諦め・ため息などさまざまなコメントが書き込まれている。

「中国では笑い話で済まされるが、これが北朝鮮なら…」
「恥さらし。仰天ニュースとして世界中に報じられるぞ」

「サッカーにしろ、バスケにしろ、代表チームはみな解散しちゃえ」
「代表のユニホームを着る資格なし」
「サッカーもバスケもダメ。この国に残されたのは卓球だけ」

「なぜ、もう1人退場させなかったんだ」

「ほんとに奇妙な国だよ、中国は」
「中国にまた一つ、新たな奇跡が生まれた」(翻訳・編集/NY)