ブラジルW杯に臨んだ日本代表メンバーは23名。そのうち、GK西川周作、GK権田修一、DF伊野波雅彦、DF酒井宏樹、DF酒井高徳、FW齋藤学と、6人もの選手が出場時間ゼロに終わった。出番のない中、それぞれの選手がさまざまな思いを募らせ、いろいろな葛藤を抱いて大会を終えたが、大会を通して印象的だったのは、酒井高のスタンスだ。誰もが前向きに過ごしていたが、とりわけ彼はポジティブな姿勢を貫いていた。

「(ポジティブな理由は)前回の南アフリカW杯の経験が大きいですね。サポートメンバーとして同行したんですが、あのとき、大会直前に何人かの選手がレギュラーから外れた。でも、その選手たちが、腐ることなく、練習に取り組んでいた。先輩たちのそういう姿を見てきているんで、その経験がここに来てすごく生きていますね」

 南アフリカW杯では、大会を目前にして、それまでレギュラーだったMF中村俊輔をはじめ、FW岡崎慎司、DF内田篤人、GK楢崎正剛らが控えに甘んじることになった。酒井高は、彼らのその後の振る舞いを間近で見てきた。その姿が、酒井高の選手としてのあり方というものに、大きな影響を与えた。ブラジルW杯の大会期間中、酒井高は真摯に練習に取り組み、試合中はベンチから大きな声を出して、チームの雰囲気を盛り立てた。

「僕らは、交代選手が3人使われたら、あとはベンチで声を出してピッチの選手を応援するしかない。そこで、例えばコートジボワール戦で2点取られて逆転されたときに、ベンチにいる僕らが下を向いて『もう負けた』というムードになってはダメ。そういうときこそ、『まだまだあるぞ!』って声をかけていたし、ピッチの選手たちはそんなベンチの雰囲気を見れば、士気が高まるんじゃないかと思っていた。僕らベンチにいる選手は、ピッチでプレイしている11人の選手と同じ気持ちで戦っているので、試合終了のホイッスルが鳴るまで、ベンチでできることは精一杯やろうと思っていた」

 そうしたスタンスを崩さなかった酒井高だからか、第3戦のコロンビア戦で、最後の交代メンバーとしてMF清武弘嗣がピッチに向かったときも、「(清武を)気持ちよく送り出せた自分がいた」という。

 とはいえ、酒井高はサブという立場にあって、ベンチから声を出したりして、レギュラーメンバーのサポートをすることだけが、チームの勝利に貢献することだとは思っていなかった。

「練習はもちろん、試合中に声を出して、チームの雰囲気を高めるのは大事なことだけど、単なる"盛り上げ役"だけにはなりたくなかった。自分もW杯に出場できる、一選手だと思っていたので、練習では試合に出るために、しっかりとアピールしてきた。試合に出場することがチームへのいちばんの貢献になると思っていたので、そこはブレずにやっていけたと思います」

 結局、日本はグループリーグ敗退。酒井高はW杯のピッチに立つことはなかった。出場時間"ゼロ"という数字を、彼はどう受け止めたのだろうか。

「自分の実力が、23名の中ですごく劣っていた、ということではないと思っています。どんな試合でも出られる選手と、監督の考え方や対戦相手によって出られない選手というのがいる。そうした状況の中で今回、自分はたまたま(出場時間が)ゼロだったということです。ただ、サブの選手がピッチでプレイしている選手と同じ力で戦える重要性を、改めて感じたのも事実です。試合に出ていた選手は3試合こなして、すごくきつかったと思うけど、そういうときに力になれなかった。それが今回、サブとして欠けていた部分であると思っています。だから、今大会を終えて思ったことは、チームに常に必要とされる選手になりたい、ということです。先発であろうと、途中出場であろうと、そういう選手になりたい気持ちがすごく込み上げてきた」

 チームに必要とされる選手。いわゆる主力になる、ということである。日本代表のレギュラーになるにはライバルとの熾烈な争いは免れないが、どうやって自分のステイタスを高めていくつもりだろうか。

「方法はいろいろとあると思います。自分の課題を修正することも大事ですけど、僕は自分の長所を伸ばすことで、レギュラーをとれるチャンスが来るかな、と思っています。あとは、一試合一試合を大事にして、自分の何がよくて、何が悪かったのか、きちんと検証し、反省すること。そして、それをいつも頭の中に入れて、日々の練習でトライしていく。そうやって試行錯誤を繰り返しながらやっていくことで、自分の成長につながると思うし、力もついてくると思う」

 だが酒井高は、ブラジルW杯でそれだけでは足りない、ということを痛感した。W杯の舞台に立って、さらに活躍するには、まだ重要なことがあるとわかったという。それを示してくれたのは、代表のチームメイトである内田篤人だった。

「ブラジルW杯では、みんながんばっていたけど、力を出し切れなかった選手もいた。でも、篤人さんだけは(他の選手と)ちょっとプレイの質が違っていて、心強いな、と思った。それは所属クラブ(シャルケ/ドイツ)で、欧州チャンピオンズリーグや欧州リーグなど、世界的にも大きな大会に出場してきた経験があるからだと思うんです。それが今、自分にとって、いちばん必要なことかな、と思いました。今後は、国際舞台でプレイする経験をより積んでいかないといけない。もちろんそれは、自分の力だけではできないことですが、クラブ(シュツットガルト/ドイツ)に戻って、チームがそういう舞台で戦えるようにがんばるしかないですね。そうして4年後は、自分が(W杯で)活躍できるようにならいないと。ブラジルで(出場時間)ゼロに終わった経験を無駄にはしたくないですから」

 欧州チャンピオンズリーグや欧州リーグでプレイするには、クラブで上位進出に貢献するか、そうした舞台で戦えるトップクラブに移籍するしかない。しかし、いずれにしても、まずは自分のレベルを上げ、価値を高めていくしかない。2018年ロシアW杯までの4年間、その目標を果たして、世界トップレベルで継続的に戦うことができれば、ブラジルで目に焼きついた内田のプレイを、今度は酒井高自らがW杯の舞台で体現できるはずだ。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun