ディズニー「ダンボ」実写化へ、ダンボの冒険と人間のストーリーも。

写真拡大

ディズニーが「ダンボ」の実写版を企画している。赤ちゃんゾウのダンボが母親から引き離されてしまった後で、ネズミのティモシーと友だちになり、その大きな耳で空を飛ぼうとするストーリーで愛され続けてきた同アニメ映画だが、ディズニーは新しいバージョンに取り掛かっているようだ。

ハリウッド・リポーターによると、スタジオ側は「トランスフォーマー/ロストエイジ」の脚本家アーレン・クルーガーに脚本を依頼しており、ダンボの冒険と並行して人間のストーリーも展開する予定とのこと。またクルーガーは、「トロン:レガシー」のジャスティン・スプリンガーと共にプロデューサーも担当する。

オリジナル作品は1941年に公開され、ディズニーのアニメとしては第4作目の「ダンボ」。挿入歌の「私の赤ちゃん」はアカデミー賞にもノミネートされ、時代を超えて今でも人気のアニメ映画だ。

現在、アンジェリーナ・ジョリー主演の「マレフィセント」が、1959年のアニメ「眠れる森の美女」の実写版リメイクとして日本でも絶賛公開中だが、この「ダンボ」の実写版は同スタジオでの最新実写映画となるようだ。そのほかにも2010年には、1951年のアニメ「不思議の国のアリス」が「アリス・イン・ワンダーランド」として生まれ変わっている。

ディズニーは現在、1967年のアニメ「ジャングル・ブック」の実写版として、ベン・キングズレー、イドリス・エルバ、ルピタ・ニョンゴ、スカーレット・ヨハンソンなど豪華キャストが声優として出演する新作を製作中だ。