あなたは貯金ができる人?できない人?その違いはどこに?「目標を立てることができるか、そうでないか」「趣味が多いか、少ないか」

写真拡大

できる人はきっちりやっているのが貯金。お金を貯められる人とそうでない人の違いはどんなところにあるのでしょうか。読者の皆さんに、貯金ができる人、できない人の違いについて聞きました。

調査期間:2014/6/6〜2014/6/13
有効回答数640件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

まずはこんな質問。

Q. あなたは貯金ができていますか?
はい……71%
いいえ……29%

読者の中で「自分は貯金ができる」と答えた方は、全体の71%。もしかしたら、この数字を見て、「やばい……」と思った方もいるかもしれません。

貯金ができる人、できない人の違いはどんなところにあるのでしょうか。「自分は貯金ができる」「できない」と回答した双方の方に聞きました。

■「自分は貯金ができる」派が思う、貯金ができる人、できない人の違い
「貯金できない人は、お金があると、その残高を見て使ってしまう人。貯金できる人は、月に使う金額を決めていてその範囲内で支出するので、残金が常にたまっていく」(31歳/女性)

「目標を立てることができるか、そうでないか」(48歳/男性)

「お金の使い道を把握しているか、していないか」(42歳/女性)

「欲を抑えられるかどうか」(25歳/女性)

「先に貯金する額を差し引いてから使うか、残ったら貯金に回そうと思うか」(52歳/女性)

「自分に厳しいか、甘いか」(37歳/女性)

「親が浪費家か倹約家か。親の金遣いを見れば分かる」(53歳/男性)

「部屋の片付けが出来るか出来ないか。部屋が汚い人は浪費癖があると感じます」(31歳/女性)

「貯める気があるかないか。自分の貯められない理由がわかっているかどうか」(25歳/女性)

貯められる人は意志を持って“貯めている”という印象を受けました。貯められない人には耳が痛いコメントも多かったかもしれません。

続いて、「貯金ができない人」にも同じ質問を投げかけてみました。

■「自分は貯金できない」派が思う、貯金ができる人、できない人の違い
「余裕があるかそうでないか。そもそも給料安すぎ」(21歳/男性)

「そのときを楽しむか、未来を楽しむか」(44歳/男性)

「趣味が多いか、少ないか」(33歳/女性)

「割り勘と言えるか、言えないか」(32歳/女性)

「家計簿を付けられるか、そうでないか」(21歳/女性)

「生活がだらしないか、そうでないか。私はとにかくだらしないので、貯金できません。体型にもそれが如実に表れています」(31歳/女性)

「できない人なので分かりません」(22歳/女性)

「貯金できる派」が本質的な話をしているのに比べ、なんだか言い訳めいた意見が多いような気も。そもそもの実入りが少ないために貯金ができないと答えた方は、20代を中心に若い層に多く見られました。実入りがあっても貯金できないという人ももちろんいるんでしょうね……。

さまざまな意見を集約していると、貯金をするには、「貯金をしたいと思っているかどうか」という点が重要であることに気付かされます。やる気があれば何でもできる――どこかで聞いたことがある名言がふと頭に浮かびました。

さて、皆さんは貯金ができる人とできない人の違いはどこにあると思いますか?

(佐藤育児+プレスラボ)