ソーダ香味(左)と梨香味

写真拡大

ライオンは、子どもに人気のアイスキャンディー「ガリガリ君」の香味とキャラクターを採用した「ライオンこども ハミガキ ガリガリ君ソーダ香味」と「梨香味」の2種類を2014年7月18日に、数量限定で発売する。

「子どもが楽しんで歯みがき」と好評

「ライオンこども ハミガキ」は、時代にあわせて子どもが楽しく歯みがきできるように工夫を重ね、13年に発売100周年を迎え、「ガリガリ君」のソーダとコーラの香味を採用した数量限定品を発売し、「子どもが楽しんで歯みがきできる」 「自発的に歯みがきできる」と好評だったという。

ライオンでは、このガリガリ君製品の評判を踏まえ14年は、生活リズムが崩れがちな夏休みに狙いを定めて、子どもが楽しく自発的にできる歯みがき習慣を応援するとして、定番の「ソーダ香味」と「梨香味」を採用したガリガリ君ハミガキを夏季限定品として販売する。

「ガリガリ君」は、赤城乳業が1981年より販売している人気のアイスキャンディー。定番のソーダ味のほか、毎年さまざまな味を展開。13年の販売数量は約4.75億本だった。

40グラム入り、価格はオープン。