iPSで「新がん治療」の可能性

ざっくり言うと

  • 神戸大と京都大のチームが発表した「がん幹細胞を作る方法」
  • がん幹細胞を標的にした薬など、新たな治療法開発につながる可能性がある
  • がん幹細胞はがん組織に僅かしか存在せず、詳しい研究が進んでいなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング