ベネッセが760万件の情報漏洩、最大可能性は「約2,070万件」と発表。

写真拡大

通信教育大手のベネッセコーポレーションは7月9日、顧客情報が外部に漏洩した事実が判明したと発表した。漏洩したのは、通信教育サービスなどの顧客情報約760万件で、最大可能性は約2,070万件に及ぶという。

漏洩した情報項目は、「郵便番号」「子どもとその保護者の名前(漢字およびフリガナ)」「住所」「電話番号(固定または携帯)」「子どもの生年月日、性別」。

今回、情報漏洩が発生したデータベースに保存されていないため、クレジットカード番号・有効期限、金融機関の口座情報、成績情報などについては漏洩していない、としている。

社外からの不正アクセスについて、過去に遡ってその可能性を検証したところ、顧客情報の漏洩に繋がる不正アクセスの異常は発見されなかったという。また、同社は24時間、大手の情報セキュリティ専門会社により不正アクセスの監視を行っており、過去に遡って不正アクセスの有無を再確認し、異常がなかったことを確認している。

そのため、社内調査により、同社グループ社員以外の内部者(データベースにアクセスできる権限を持つ者)による情報漏洩の可能性を示唆。現在、警察に捜査を依頼しているとのことだ。

☆情報漏洩のあった商品・サービス一覧

・こどもちゃれんじ
(こどもちゃれんじbabyを含む)
・進研ゼミ小学講座
・進研ゼミ中学講座
・進研ゼミ高校講座
・難関私立中高一貫講座
・東大特講√T 京大特講√K
・考える力・プラス中学受験講座
・公立中高一貫校 受検講座
・こどもちゃれんじEnglish
・Worldwide Kids
・BE-GO
・かがく組
・Benesseこども英語教室(直営)
・ベネッセグリムスクール(直営)
・コラショのえいごコース
・Benesseサイエンス教室
・学習教室
・Benesse文章表現力教室
・考える力・プラス講座
・得点力学習DS
・ポケットチャレンジ
・しまじろうミュージック
・EVERES(エベレス)
・いぬのきもち
・ねこのきもち
・たまひよbefa!