シルバーストンで行なわれた伝統の一戦、イギリスGP。母国レースの雨の予選で6位に終わったルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)の落胆は大きく、大勢の地元メディアに囲まれても口は重かった。

 雨足が弱まったQ3最後の1分に、どうしてタイムアタックをやめてしまったのか? アタックを続けた僚友のニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)はポールポジションを奪い、今季苦戦が続いていたハミルトンと同じくホームグランプリになるジェンソン・バトン(マクラーレン)は3位に飛び込んだ。

 その時点でタイミングボードに並んでいた各車のタイムは、雨が降っていたセクター3の路面がかなり濡れた中で記録されたものばかりだった。しかしQ3の最後に雨は弱まり、路面状況は驚くほど向上していた。

 ハミルトンがセクター1でミスを犯してアタックを断念した後、セクター2を通過した段階でベストタイムから1秒以上遅れていたロズベルグは、セクター3で大きく稼いでトップに躍り出た。

 完全にハミルトンの判断ミスだった。ただし、ロズベルグとバトンがセクター3でタイムを縮められる "可能性"があることを知っていたのに対し、ハミルトンはチームからそのことを聞かされていなかった。その意味では、チームのミスだったとも言わなければならない。

「あの時点で大きくタイムロスしていて、すでに(自己ベストの)0.5秒落ちだった。僕はあきらめたりしない人間だけど、あそこでアタックを続ける意味はないと思ったんだ。それに最終セクターが3秒も4秒も速くなることなんて、チームから聞かされていなかったからね......」

 周囲が思うよりもずっと、ハミルトンの落胆は大きかった。

 ここイギリスGPが彼の地元グランプリであり、スタンドは彼の優勝を心待ちにする大勢のファンで埋め尽くされていた。だからこそ、このレースにかける思いは強く、その分落胆も大きかったのだ。

 1950年にF1世界選手権のレースが初めて行なわれたシルバーストンは「モータースポーツの聖地」とも言われ、毎年10万人超のファンでいっぱいになる。芝生の多く残る観客エリアでは、家族連れで訪れて1日をのんびりと過す人々や、小高い場所にディレクターズチェアで陣取ってドライバーたちの走りの一部始終を観察してやろうという根っからのF1ファンもいる。老若男女が生活の一部としてレースを楽しんでいる様子が何とも微笑ましく、我々日本人の目には羨ましく映る。

 イギリスにはモータースポーツを愛し、敬い、共に生きる文化が根付いている。だからこそ、ハミルトンやバトンらイギリス人ドライバーたちはその声援を背にここで戦うことを誇りに思う。

「イギリス人ドライバーにとって、イギリスGPは特別な週末だよ。ここに来て大観衆がどれだけ僕らを応援してくれているのかを目にすれば、興奮するし、素晴らしい気分になる。こんな体験ができる場所なんて、ここ以外世界中のどこにもない。アスリートとして最高の体験だよ」

 そう語ったハミルトンだったが、最速のマシンを手にしながら、その声援に応えることができなかった。

 開幕戦(3月)のオーストラリアGPと6月のカナダGPでリタイアを喫し、前戦オーストリアGPでは自らの予選アタックミスで優勝を逃した。5月のスペインGP以降、ハミルトンは勝利から遠ざかっている。チャンピオンシップ争いで、じわじわと開いていく僚友ロズベルグとの差を前に、ハミルトンは焦りを感じていた(イギリスGP前の時点で29ポイント差)。5月のモナコGPから続く悪い流れを、シルバーストンで断ち切りたかった。

 しかし、悪夢の予選でハミルトンはさらに窮地へと追い込まれてしまった。

「決勝は、傷口を最小限に抑えるためのレースになるだろうね。僕は前のクルマを何台も抜いていかなければならない。それに対してニコは前がクリーンな状態で走ることができるからね......」

 またしてもロズベルグに勝利をさらわれることになる、ハミルトンはそう考えていた。そんな心の折れかけたハミルトンを救ったのは、家族の存在だった。予選後の夜、ハミルトンは両親や弟とともにすごし、とりわけ幼少期からともに各地を転戦してカートレースを戦い、F1にたどり着くまでマネージメントを担当してくれた父と語り合ったという。

「プレッシャーは本当に大きかった。2セットを失ったテニスプレーヤーのような心境だった。そんななかで自分の心のギアを入れ直し、自分を取り戻すのは簡単なことじゃない。昨夜は家族とかなり長い時間をともにすごし、父とずっと話したんだ。そのおかげで、僕はこうして自分を取り戻すことができた」

 ハミルトンはこれまで、ファンから非難されることも少なくなかった。それは、自身の肌の色と決して無関係でないことを彼は知っている。F1にデビューしてからも、それ以前の私生活でも、彼はいつも苦渋を味わい、しかしその悔しさをバネにしてここまで戦い抜いてきた。

「僕はいつもネガティブな気持ちを、ポジティブなパワーに変換して戦ってきたんだ」

 ハミルトンはいつもそう語っていた。おそらく、父との語らいの中であらためてそんな気持ちを思い出したのだろう。日曜の朝にサーキットに現れたハミルトンの表情は、前夜のそれから一変していた。

「昨日は最悪だったし完全に打ちのめされた。ファンとチーム、そして自分自身をガッカリさせてしまったんだから、気分は最悪だった。本当にツラい1日だった。もう一度自分自身を取り戻さなければならなかった。チャンピオンシップをつかみ取りたいのなら、ここでもう一度立ち上がらなければならないと思ったんだ。昨日のネガティブな気持ちを、ポジティブな力に変えること。それが僕にとって最大の仕事だった」

 また、家族の支えだけでなく、地元大観衆の大声援があったからこそ、彼は再び心を奮い立たせることができたのかもしれない。

「10万人以上のお客さんが見に来てくれているし、できるだけ前でフィニッシュしたい。これだけ大勢のお客さんを前にすると、本当に素晴らしい気分になる。だから僕もみんなにポジティブなエナジーをお返ししたい。自分にできることは最大限やり尽くしたい」

 その言葉どおり、決勝で6番グリッドからスタートしたハミルトンは、オープニングラップから果敢に攻めた。すぐに4位に上がり、クラッシュ後の再スタートでも、マクラーレンの2台を抜き去って僚友ロズベルグに次ぐ2位まで挽回した。

 そして、ピットストップでは迷うことなくチームメイトとは異なるタイヤに履き替えた。そうでなければ、チームの方針としてコース上でのバトルは許されないからだ。ハードタイヤを履いたハミルトンは好ペースで追い上げ、ロズベルグ攻略も見え始めた。そんな矢先、ロズベルグのギアボックスが音を上げてスローダウンしていき、そのままリタイア。大観衆の歓声とともに首位はハミルトンのものとなった。もう彼の敵はいなかった。そのままトップでチェッカーを受け、イギリスGPの勝利は彼のものとなった。

 ウイニングランを終えてパルクフェルメに戻ってきた彼は、ヘルメットのバイザーを開けて涙をぬぐったようにも見えた。彼の目が濡れていたとしてもおかしくはない。それほど劇的で感動的な週末だった。家族の支えで折れかけた心をつなぎ止め、大観衆の声援を前へ進む力へと変えたのだ。

「ファンのみんなと家族が応援してくれた。今週は家族がそばにいてくれて本当によかった。みんなの支えがなければ、この結果を手に入れることができなかったよ。最高のファンがずっと応援してくれた。これだけの応援を前に、今いろんな感情が入り交じっている」

 こうしてハミルトンは、地元グランプリでとても大きなものを手に入れた。25ポイントを獲得し、チャンピオンシップの流れをもう一度手繰り寄せただけではない。この週末の経験が、彼をもっと強くしてくれたはずだ。

「今日は何としてもこの結果が必要だったんだ。もちろん、チームは1-2フィニッシュのために全力を尽くしているし、チームメイトがリタイアするところなんて見たくない。今日もこんな勝ち方はしたくなかった。ホイールトゥホイールのバトルを期待していたんだ。でも、きっとそれはこれから何度も経験することになるだろう」

 その言葉は、逆境をはね返し、生まれ変わったハミルトンの新たな宣戦布告のようにも聞こえた。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki