3試合で2敗1分け。日本代表はブラジルW杯でグループリーグ敗退という結果に終わった。

 日本サッカー界は、まだまだやらなくてはいけないことがある。それが今、あらためて思う率直な感想だ。W杯で結果を残すことの難しさを誰もが痛感したのではないだろうか。

 今回のW杯での日本代表は、結果も内容も残念なものになってしまった。もっとも残念なのは試合内容だろう。とくに初戦のコートジボワール戦(1−2)、日本は何もできなかったに等しい。もっとやれると選手たちも思っていたはずだ。そう思っていただけに、ショックが大きかったのではないか。

 2戦目のギリシャ戦(0−0)は、勝たなくてはいけないという意識が強くなって攻め急ぎ、結局攻撃がうまく機能しなかった。

 3戦目のコロンビア戦(1−4)は、後がない状況になって開き直り、攻撃することに極端に針がふれてしまっていた。とにかくシュートに意識がいきすぎ、何でもかんでもシュートにいこうとして、パスやフリーランニングなど、そのほかのプレーを選択する判断がなくなってしまっていた。そのため、やや荒っぽい展開になって、攻守どちらもバランスが悪かった。

 もちろん、アグレッシブであることは重要で、3戦目がもっともいい試合内容だったと思うが、それを初戦からできなかったことが悔やまれる。3戦すべて冷静に戦えていなかったという印象だ。

 3試合あれば、3連敗することも、逆に3連勝することもありえるのがサッカーというスポーツだが、力関係で相手チームが日本を上回っていれば、後手をふんでしまう局面が多くなる。すると、どうしても体力を消耗してしまう。W杯では、日本選手の身体も頭も疲れてしまっているように見えた。では、後手をふんでしまった原因はどこにあるのか。コンディション調整の問題もあるかもしれないが、ひとつには、「自分たちのサッカー」にとらわれすぎたと私は思っている。

 サッカーという競技は相手がいる。その相手が、日本の長所を消すようなプレーをしてきたとき、つまり、こちらがやりたいことをやらせてくれないときにどうするのか。その対応策ができていたのかどうか。日本代表の長所であるパスをつなぐこと、コンビネーションにこだわりすぎて、かえって窮屈になって柔軟性を欠いていたのではないだろうか。

 自分たちのサッカーを型にはめすぎてしまい、それがうまくいかないときの対応がうまくできず、さらに後手をふんでいった。パスがつながらないので、選手同士の距離感が悪いと考え、もっと味方に近づこうとした。ただ、近づきすぎてしまうことで、相手選手がひとりで日本選手ふたりをケアできるようになり、かえって相手をラクにしている局面があったように思う。

 また、選手は「自分たちのサッカーをすれば勝てる」と言っていたが、それは、裏を返せば「自分たちのサッカーができなければ勝てない」ということでもある。やろうとしているサッカーがうまくできないとき、相手を崩してゴールを奪うほかの手段も持っておくべきだった。

 たとえばオランダは、スペインに対して、自分たちの従来の攻撃的なスタイルではなく、守備に人数をかけてカウンター主体で戦って勝利した。それはつまり、スペインをリスペクトしていたから、自らの戦い方を変えることを選んで、別の戦術を準備していたということだ。

 今回の日本は、対戦相手を過少評価していたのかもしれない。もちろん、相手をリスペクトしすぎることはよくないが、相手の力を正しく理解しなくてはいけない。相手の力を過大評価しても、過少評価してもいけない。今回のW杯で日本代表は、自分たちよりも力が上の相手に正攻法で戦いを挑み、はね返されてしまった。スペインと対戦したときのオランダのように、日本も相手が格上であることをもっと理解すべきだった。

 オランダやドイツなどの強豪国は、対戦相手の力やスタイルに応じて、さまざまな戦いができる。ポゼッションサッカーもできる、カウンターもできる。守備については、前からプレスをかけることも、自陣に引いて守備固めもできる。戦況に応じて、戦い方を変えていける。つまり、試合運びに幅がある。

 日本代表は今後、日本人の特性にかなった部分であるポゼッションや機動力は当然武器として強化しつつ、それだけではなく、W杯で結果を残すために、カウンターも一定以上のレベルにあり、守備もできるチームになる必要があるだろう。

 要は、戦い方のバリエーションを増やしていくということだ。たとえば、相手の意表をつくセットプレー、トリックプレーで点をとるという武器があってもいいかもしれない。今よりも「引き出し」を増やすことが重要だ。

 同時に、個のレベルも上げていく。とくにセンターライン、つまり、ワントップ、ボランチとセントラルMF、センターバック、GKだ。このポジションでも欧州のビッグクラブで活躍する選手が出てきてほしい。

 その個の力をベースに、日本はチームとしての連動、組織力で勝負していくべきだ。連動性や組織力を高めるためには、選手が時間を共有することがまず必要になる。ただ、現在の代表チームは選手が各国リーグで活躍しているため、集まる時間が限られてしまい練習時間の確保が難しい。そのため、ヨーロッパでの代表合宿や強化試合を頻繁にできれば、それが解決策のひとつになるかもしれない。

 また、攻撃でも守備でも大切なのはバランス。たとえば、カウンター攻撃のトレーニングは守備をすることから始まる。どこで奪うか、どうやって奪うかを練習していい守備をしないと、いいカウンター攻撃にならない。反対に、いい攻撃をしていないといい守備はできない。つまり、攻撃と守備はひとつながりのものということを理解して、攻守の切り替えの速さをもっとレベルアップすべきだろう。

 スタイルや戦い方というものは、そのチームにいる選手の顔ぶれにもよる。ブラジルW杯でのアルゼンチンは、メッシを中心に攻撃陣にタレントが豊富なので、攻撃的なチームになっている。ブラジルは、チアゴ・シウバらDFラインにタレントが揃っているので、守備が武器になる。今いるメンバーで勝つためにどうするか。それも考慮に入れてチームをつくっていくことも考えなくてはいけない。

 過去、W杯で優勝している8カ国(ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、イングランド、ウルグアイ、スペイン、フランス、イタリア)に共通していること、それは、サッカーがその国のナンバーワンスポーツであること、サッカー大国であることだ。日本サッカーがW杯で優勝を目指すのであれば、サッカーが野球と肩を並べるぐらい人気のある競技にならなくてはいけない。

 同時に、ファンは、世界のサッカーの最先端のトレンドをしっかりと理解していってほしい。そうでなければ、自分たちの代表チームの力を正しく評価できないからだ。

 20年前よりも、サッカーに興味を持つ人は確実に増えた。とはいえ、日本はまだまだW杯で優勝できるレベルにはない。相手に研究されたら、なかなか本来の力を発揮できないことは、今回のW杯でよくわかったのではないか。自分たちの立ち位置を見失わず、W杯では、対戦相手国のほとんどが格上なんだという自覚を持って、どうすればいいかを考えて、準備をしていく。

 悲観的になる必要はない。98年のフランス大会でW杯に初出場してからまだ16年。時間をかけてじっくりやっていくことが重要だ。10年後、20年後を見据えて、選手と指導者の育成、国内リーグの充実とレベルアップなど、やるべきことはたくさんある。

福田正博●解説 anaysis by Fukuda Masahiro