また、痛みのピーク時には肩の痛みに加えて腕全体にダルさや痺れが表れることもある。常に腕をさすっていないと我慢できないと訴える人も少なくない。
 治療法として、北里研究所病院リハビリテーション技術部新井雄司理学療法士は次の療法を挙げている。
(1)炎症期(初期の疼痛が強い時)…肩を無理に動かさず、三角巾を当てるなど“肩の保温”を図る。
(2)拘縮期(肩関節が硬く固まる状態)…温熱療法=赤外線照射、マイクロ波、入浴、酵素風呂、温灸、ホットパックなど。
(3)拘縮が和らいできたら、ストレッチやゴットマン体操(アイロン・振り子体操)で、肩の運動を徐々に増やしていく。

 そして新井氏は、ストレッチの具体例として、さらに3点を示す。
(1)手のひらを上に向け大きく外に回す(10回)。
(2)肘を曲げて手のひらを上に向け、肘は体につけたまま小さく外に回す(10回)。
(3)体の横で親指を上にし、動く範囲で腕を斜め後方に上げる(3回)。いずれも1日3セット行う。
 痛みがひどい炎症期は直ぐにできないが、ヒアルロン酸などの注射や、温熱療法などで、痛みが和らいでいれば、(1)〜(3)の動きはスムーズに行えるという。

 残るは手術だ。肩に麻酔をかけ、5ミリ程度の穴を4カ所開け、そこから4ミリの内視鏡を入れて行い、肩峰のトゲを除去し肩関節の癒着を剥がす。これで腱板の傷をきれいに治す根本治療となるため、拘縮肩の人は、腕も肩の高さ以上に上がるようになるという。

 ところで、五十肩に糖尿病が関わっていると聞き驚かれる人は多いだろう。五十肩を研究しているある医療大学准教授は、調査結果をもとにこう話してくれた。
 「手術する前には、血液検査などを行いますが、患者97人のデータを調べたところ、男性の3割が糖尿病でした。今は血糖値が基準値内で糖尿病でなくても、家系に糖尿病体験者がいる人まで含めると、5割近くが重症化する。また、心臓、肝臓、肺に異常がある人も重症化しやすく、腱板の傷も治りにくいことがわかっています」

 いずれにしても、肩の痛みや動かしづらさを覚えるようになったら、早めに手を打つべし。「五十肩」といって甘く見ていると、後から痛い目に遭うことは確かだ。