「あの子たちが、状況をどれくらい理解しているかは分からないけれど、すごく楽しい試合だったよ」

 試合直後のインタビューにそう応じる敗者の笑顔は、驚くまでに清々(すがすが)しかった。ファミリーボックスでは、5歳の誕生日を2週間後に控えた双子の娘たちが、おそろいのワンピースに身を包み、声援を送り続けていた。家に帰れば、生後2カ月の双子の息子たちも、父親の帰りを待っていることだろう。娘たちが生まれた4年前、当時28歳だった彼は、「子どもたちがテニス選手としての自分を覚えてくれるまでプレイしたい」と言っていたが、その願いは2組目の双子が誕生したことで、さらに数年伸びることになるはずだ。

 2014年ウインブルドン選手権――。ロジャー・フェデラー(スイス)は決勝戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れたものの、全盛期を彷彿させる華麗なプレイで客席から感嘆のため息を誘い、その実力と存在感を改めて世界に証明した。

 フェデラーに関しては、いまさら多くの説明を必要としないだろう。グランドスラム17回の優勝は史上最多。通算302週の世界ランキング1位在位期間も最長記録。それら記録のみならず、ライバルのラファエル・ナダル(スペイン)を含めた選手や識者たちが「パーフェクトなプレイヤー」と称賛する、テニス史上最高選手との呼び声も高い「生きる伝説」である。

 このミスター・パーフェクトに不幸な点があるとすれば、それはあまりに君臨した時代が長かったため、少しでも成績やパフォーマンスに陰りが見えると、「もはやフェデラーも終わりか?」などの性急な斜陽論が飛び出すことだ。ただ、実際に昨年はグランドスラムで一度も決勝進出がなく、ウインブルドンでは2回戦、全米オープンでも4回戦で敗れていた。今シーズンをランキング7位で迎えたフェデラーに向けられるファンの熱い声援は、「Xデー」への恐れと表裏をなしているようでもある。

 そのような外野の論調を知ってか知らずか、フェデラー本人はいくつかの変革に取り組むことで、未知の自分の開拓に取り組んだ。

 その中で見られた大きな変化のひとつが、ラケットを変えたことである。昨年のウインブルドン以降、フェデラーは従来よりも大きなラケットを使い始めたのだ。昨年は複数のラケットを使って試行錯誤を繰り返したが、今年の全豪オープン以降は、「ベストの1本に決め、日に日に手に馴染んできた」と言う。

 さらに、そのラケット以上に大きな変革が、今シーズンから往年の名プレイヤー――ステファン・エドバーグ(1983年〜1996年/スウェーデン)をコーチに招いたことである。

 このふたつの変化が指し示す方向性とは、端的に言ってしまえば、より攻撃的なテニスへの志向であり、サーブ&ボレーの多用である。分けても、サーブ&ボレーの名手であるエドバーグは、フェデラーの背中を押してくれた存在だ。

「今でも以前のようにプレイすることは可能だということを、ステファンが僕に気づかせてくれたんだ。2001年ごろの僕は、ファーストサーブのときは80%の確率でサーブ&ボレーに行っていた。セカンドサーブでも、30〜50%は行っていたはずだ。それが最近では、1セットで2〜3回しかやらなくなっていたんだ」

 そう認めた上で、フェデラーは次のように続ける。

「サーブ&ボレーは、僕のテニスに選択肢を加え、完成度を上げるために欠けていた『パズルのピース』だった。さらには新しいラケットが、そうする助けにもなっている。パワーあるサーブが高確率で打てるようになったからね」

 さらに興味深いのは、フェデラーがサーブ&ボレーについて語った、次のような言葉である。

「大切なのは、精神面。重要な局面で挑戦できるかどうかである。40−0でサーブ&ボレーをするのは、簡単だ。だが、15−30などの劣勢でもできるのか? そこが大きい」

 フェデラーが、この自らの言葉を極限状態で実践したのが、ウインブルドン決勝戦での第5セット。3−4で迎えたサービスゲームでのことだ。ジョコビッチにブレークポイントを握られた場面で、フェデラーはセカンドサーブでサーブ&ボレーに出たのである。あまりに不意を突かれたのか、返球に行ったジョコビッチは足を滑らせる。芝に倒れこんだまま、自身のコートに柔らかく落ちるボレーを見つめるジョコビッチの顔からは、驚きや悔いを通り越した、あきらめの笑みがこぼれていた。

 それにしても、現存するあらゆる記録やタイトルを手中に収めたと思えるフェデラーが、32歳になった今も、なぜ変革を恐れず上を追求し走り続けられるのか?

 その謎は、ファンのみならず、似た境遇にいた元選手たちの頭も悩ませているようだ。

 グランドスラム獲得通算14回の記録を持ち、フェデラーの「憧れ」でもあったピート・サンプラス(1988年〜2003年/アメリカ)は、自身が32歳でツアーを退いた理由を、「体力よりもメンタルが疲れた。常に旅を重ねる生活が精神的に辛かった」と告白している。その上で、彼はこう告白した。

「だからこそ僕は、ロジャーがなぜ、今もなぜあのレベルでプレイできているのか不思議なんだ。彼は明日にでも、自分のキャリアに胸を張ってこの競技から離れられるはずなのに......」

 そんなサンプラスの問いへのヒントを、フェデラーは今大会の準決勝後に口にしている。

「現役を続けていくために一番大切なのは、競技に対する『愛』だと思う。好きでなければ、ツアーはあまりに辛いものになってしまうだろう。だから実際のところ、僕にとってテニスを続けるのは、難しいことではないんだ。僕は、どうしてテニスをやっているのか、良く分かっているからね」

 今もフェデラーを走らせるもの――、それはテニスへの変わらぬ愛情や敬意だという。思えば彼ほど、テニスという競技そのものへの純粋な情熱を口にしてきた選手も珍しい。

 フェデラーはエドバーグをコーチにしたとき、「子どものころのアイドルをコーチにできるなんて、夢のようだ」と言い、「ステファンと食事をしながら、彼が現役時代の話などもいろいろと聞いたんだ」と少年のように目を輝かせた。

 フェデラーは、多くの試合を見ることでも有名だ。男子のみならず、女子やジュニアにも目を向け、「あの選手のプレイが好きなんだ」と無邪気に称賛することも珍しくない。

 また彼は、テニスが有する伝統にも敬意を表する。ビデオ判定を用いる「チャレンジシステム」の導入に最も大きな声で異論を唱えていたのも、フェデラーだった。「線審や主審への敬意が薄れる」というのが彼の危惧であり、競技から「人間臭さ」が消えてしまうことを憂慮したのだろう。

 さらには、コート上の偉業にばかり目が行きがちであるが、選手評議会の会長を2008年から今年まで務めた事実も忘れてはいけない。任期中にツアー期間の短縮や賞金増額を実現させるなど、選手の地位向上に果たした役割は計り知れない。

「テニス界が生んだ最高の芸術品」とまで呼ばれるフェデラーは、同時に最大のテニスファンであり、テニスの伝統と歴史への敬愛者であり、この競技が持つ魅力の体現者であり、そして、未来の発展を望む識者でもあるのだ。

 そんなフェデラーの「今」を分析する、サンプラスの視点が興味深い。

「新しいラケットに変えて、彼は自信を深めたと思う。僕はロジャーのキャリアをずっと追ってきたので、彼がどのようなプレイで多くのタイトルを取ってきたのか知っている。今、ロジャーは再び、より攻撃的に、より前に出ていくテニスをするべきだと感じたのだろう」

 新しいテクノロジーを取り入れることにより、立ちかえり、取り戻した最強時代のスタイル――。温故知新的なアプローチで築く現在のテニスこそ、フェデラーというアスリートの、テニスへの姿勢そのものではないだろうか?

 サンプラスは、「ロジャーは、少なくともまだ2〜3年はプレイし続けるだろう」と予測する。

 フェデラーはウインブルドンの決勝戦後、ファンに「来年も会おう」と約束した。

「ミスター・パーフェクト」が、完璧の上を追い求める姿を見られる我々は、幸せ者である。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki