宮崎駿監督BD集が最高額TOP10、定価6万4,800円でオリコン初登場6位。

写真拡大

宮崎駿監督(73歳)が監督として手がけてきたアニメ映画の全作品集Blu-ray Disc(以下BD)「宮崎駿監督作品集」(7月2日発売/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)が、発売初週に0.6万枚を売り上げ、今週7月14日付けのオリコン週間BDランキング(集計期間:6月30日〜7月6日)の6位(アニメ部門3位)に初登場した。

価格6万4,800円(税込み)でのBDランキングTOP10入りは、2014年6月発売のTVアニメBD「カレイドスター〜10年目のすごい Blu-ray BOX〜 豪華版」が2014年6月16日付けで8位を獲得した当時の価格6万4,584円(同)を抜いて歴代最高額となった(※価格はTOP10入りした当時の税込表記に準ずる)。

また同時発売の本作DVDも発売初週売上0.2万枚で、同DVDランキングの20位(アニメ部門3位)にランクイン。さらに、宮崎監督の長編アニメ引退作品で6月に発売されたDVD「風立ちぬ」も、週間売上1.0万枚(累積9.1万枚)で、先週7月7日付けに続いて同DVDランキング2位を獲得し好調を示している。

本作に収められているのは、昨年9月に長編アニメーションからの引退を発表した宮崎監督の初監督作品として1979年に製作された「ルパン三世カリオストロの城」から「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」「風立ちぬ」まで全11作品を収録。

そのほか宮崎監督の引退会見の模様や、1972年に宮崎監督が全編にわたり演出、絵コンテを手がけた約5分の短編「ユキの太陽[パイロットフィルム]」などを収録した特典ディスクも付属する。