金魚が織りなす幻想的な世界☆日本橋で「アートアクアリウム2014」

写真拡大

涼しげに泳ぐ金魚たちの水槽に、最新の演出技術を施して幻想的な世界を創り出す、新感覚の水中アート展覧会「アートアクアリウム」。昨年50万人を魅了した、日本橋の夏の風物詩が、今年も新作を携えて華麗に登場!

7月11日(金)から9月23日(火・祝)までの期間、日本橋三井ホールでは、「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2014〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム」を開催。

ひときわ目を引くのは、巨大金魚鉢シリーズの大作「Ohoku(大奥)」。金魚を愛でる文化が花開いた江戸を象徴する“大奥”を表現した、幅約3mにわたる複合的な作品で、多くの女性が自らの美を競い合う豪華絢爛な世界を思わせる作りに。

また、アクアリウムで屏風を作った「Byoburium(ビョウブリウム)」は、バーチャルな映像とリアルな金魚が融合する作品。今年は、幅が倍のサイズになり、スケールアップして初登場! さらに、「Kimonorium(キモノリウム)」は、最高級の京友禅に生きた金魚と3D プロジェクションマッピングを組み合わせた作品。そのほか、江戸時代から現代に至るまで親しまれている雪洞(ぼんぼり)をイメージした「Bonborium(ボンボリウム)」や、今まで見たことのない金魚が一同に揃う「Kingyo Collection(金魚コレクション)」など、「瞬間」の美しさを描き出す舞台にはクギ付けになりそう。

「期間中、毎日19:00から開催する『ナイトアクアリウム』では、会場内にバーが登場し、オリジナルの『金魚カクテル』や、日本酒『獺祭(だっさい)』、モヒート、ビールなどのドリンクを飲みながら、水中アートをお楽しみ頂けます。23:30(最終入場23:00)まで開催しているので、仕事終わりの一杯にもオススメです。週末は豪華アーティストのスペシャルライブやDJパフォーマンス、また、普段、観ることができない芸者衆の踊りやお座敷遊びが楽しめる『芸者ナイト』などのスペシャルイベントを予定しています。日本橋ならではの粋な夏の涼をぜひお楽しみください」と、広報担当さん。

プロデュースは、アートアクアリウムの第一人者・木村英智氏。今年も、「アートアクアリウム」の夏が始まる!!