写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レベルファイブがiOS/Android向けに展開しているゲームアプリ『ワンダーフリック』と、7月10日に発売されるニンテンドー3DS用ゲームソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』のスペシャルコラボレーションが、7月9日よりスタートする。

今回のキャンペーンでは、『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』で使用できる「ワンダーニャン」がプレゼントされる。入手方法は、スマホ版『ワンダーフリック』で自身のキャラクターをレベル22以上に育て、フィールドにいる「ジバニャン」に話しかけると、ダウンロード番号を入手。その番号をニンテンドー3DS用ゲーム『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』の「こやぎ郵便」で入力する。すると限定商品「王国の鈴」がもらえ、「かわせみ渓谷」に行くと特別な妖怪「ワンダーニャン」が登場。バトルに見事勝利すると、ともだちになってくれるという。

この「ワンダーニャン」は、数々の大陸を渡り歩き、大冒険を重ねてきたワンダーなジバニャン。愛用の剣で「ニャッサーソード」など強力な攻撃を繰り出すという。スペシャルコラボレーションと「ワンダーニャン」入手の詳細は、特設ページまで。

『ワンダーフリック』は、攻撃や魔法、必殺技のメダルを指で弾くという直感操作でモンスターと戦っていく(フリックバトル)が特徴で、「3分で楽しめて、1000時間遊べる」というレベルファイブが制作した王道のRPG(価格無料/アイテム課金あり)。企画、プロデューサー、ディレクターに同社CEOの日野晃博氏を迎え、音楽は『ファイナルファンタジー』シリーズで知られる植松伸夫氏が担当した作品としても話題となっている。

そして、7月10日に発売を控えている『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』は、タイトルのとおり、『妖怪ウォッチ2 元祖』『妖怪ウォッチ2 本家』の2バージョンを同時発売。それぞれのバージョンには、登場妖怪などさまざまな違いがあり、パッケージ版には、それぞれここでしか手に入らない激レアな「ジバニャン」の妖怪メダル、「ジバニャン メダルニャイーン」(Zメダル/元祖)、「ジバニャン メダル コマニャチ」(Zメダル/本家)を同梱。ケータ、ジバニャン、ウィスパーといったおなじみのキャラクターに加え、謎の少年ケイゾウ、バッカでかいネコ妖怪デカニャン、妖怪界のスーパースター「古典妖怪」といった新たなキャラクターも登場。物語の舞台となる「さくらニュータウン」にもさまざまな仕掛けが用意され、妖怪同士で行われるバトルなども大きくパワーアップしている。

(C)LEVEL-5 Inc.