川端康成の「初恋」の手紙を発見

ざっくり言うと

  • ノーベル賞作家の川端康成と、初恋女性が交わしていた手紙が発見された
  • その当時は22歳で、計11通の手紙が神奈川県鎌倉市の川端邸にあったという
  • 旧制一高に通う頃、カフェで働いていた女性に出会ったとされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング