アントニオ猪木vsモハメド・アリの「20世紀最大のスーパーファイト」は、1976年6月26日、日本武道館で行なわれた。膠着状態が続き、引き分けに終わったことで当時は「世紀の凡戦」と酷評されたが、38年の歳月が流れた今、再評価されている。当時、猪木のスパーリングパートナーを務めた「関節技の鬼」藤原喜明に当時を振り返ってもらった。

―― 猪木さんのスパーリングパートナーに抜擢されたのはいつですか?

藤原 76年の4月か5月だったかな。アリ戦のために猪木さんは直前のシリーズを休んだんですよ。自分も休んでずっと一緒に練習してました。ボクシングを覚えるように言われて、俺は日本のヘビー級ボクサーとスパーリングしましたね。俺が猪木さんにパンチを出して、猪木さんがその間合いに馴れていくという練習。他はいつもと同じコンディション作りを中心にやっていたね。

―― その段階では、猪木さんはどんな戦法を考えていたのでしょう?

藤原 他人に相談する人じゃないし、ましてや俺に聞くはずもない。掴まえて倒すしかないんじゃないですか。相手をなんらかの方法で倒して乗っかって締めるとか。スパーリングで面白い場面がありましたよ。猪木さんがバーッと前に出てきたんで、俺はコーナーに両手をかけて両足を上げた。猪木さんは蹴りをよけられたから怒ってたけど、6月26日の試合でアリは実際にそれをやったよね(笑)。「私がアリだったらこうします」っていうことですよ。ただ、俺の仕事はもうひとつあった。

―― 猪木さんのですか?

藤原 そう。どこからの情報だか知らないけど、当時はいろいろ物騒な話もあったからね。誰かから指示されたわけじゃないけど、いざという時は猪木さんの盾になる。命をかけるつもりでしたよ。

―― 試合3日前の調印式では、途中でアリが舞台から下りて新日本の若手に突っかかるシーンがありました。藤原さんもアリと睨み合ってますよね。

藤原 あれはハッキリ覚えてる。俺とピタリ目が合って、アリは「こいつじゃない、あいつのほうだ!」と違う選手を指差したんだよ。俺はもう命がけ、死ぬ気で行ってるからね。

―― アリも、組長の殺気を察知したんでしょうね。もしもそこで手を出してきたら相手がアリといえども反撃しましたか?

藤原 当たり前じゃない! いざとなったら金玉にでも噛みつきますよ!

―― アリ側は当初、この試合をもっと気楽に考えていたという説もあります。

藤原 向こうはエキシビションマッチのつもりで来てたのかもね。アメリカでプロレスと言ったらWWWF(現・WWE)とか(ショー的要素の強いプロレス)だからさ。

―― しかし、猪木側は最初から真剣勝負をやるつもりでした。試合前日の計量で、アリがパフォーマンスで猪木さんと腕を組み合おうとしたら、猪木さんはマジな顔で払った。アリは「少しは本当に闘ってるように振る舞えよ、俺もふざけてやってるんだ!」と本音を吐いていました。このように、前哨戦ではむしろアリのほうがレスラーのようなパフォーマンスを見せていましたが、いざ試合のゴングがなると、紛れもない真剣勝負になりました。

藤原 当たり前の話だよ。こっちはアリのファイトマネーに18億円も用意してさ。しかも、新日本プロレスの財産じゃない、借金ですよ!(笑)。猪木さんが負けたら会社は潰れるし、猪木さん個人もすべてを失うでしょう。アリだってボクシング界を背負っているから負けるわけにはいかないだろうけどね。

―― そして6月26日、運命のゴングが鳴ります。1ラウンドから終始、猪木さんはスライディングキックを連発していました。あの戦法は一緒に考えたんですか?

藤原 いや違うよ。試合数日前に公開練習があったでしょ? そこで猪木さんの関節技やハイキックを見たアリ側が、ルール変更を申し出てそれらの攻撃を禁止しちゃったんですよ。その結果としてのスライディングキックだったんじゃないかな。この攻撃は理に適ってるよね。体を後ろに反らすようにして蹴るでしょ。猪木さんの顔にアリのパンチが当たったとしてもカウンターのパンチにはならないからね。力学的に考えて当たり前のことだよ。

―― 結局、試合は15ラウンド闘い抜いてドローでした。

藤原 アリが出したパンチは5発だけだよね。手数からいって俺は猪木さんが勝ったと思ったけど、ジャッジのひとり、遠藤幸吉さんの判定はアリの勝ちだったんだよ。元プロレスラーなのにさ。腹が立って、「なにかもらってるんじゃないか?」なんて思ったよね。試合後は「遠藤を探せ、ブチ殺してやる!」という勢いで会場中を走り回ったものですよ(笑)。でも、今になって考えると、引き分けで良かったのかもしれないね。

―― 藤原さんにとって猪木vsアリ戦は、どんな闘いなのでしょう?

藤原 みなさん簡単に真剣勝負と言うけど、本当の意味での真剣勝負を御存知ないでしょう? 真剣勝負というのは、生きるか死ぬかなんです。猪木vsアリ戦は、負けたほうがこの世から抹殺されるという闘いだった。アリだってボクシング界を背負い、自分のスタッフの生活を背負っていたわけだから相当なプレッシャーを抱えていただろうしね。俺はボクシング、キック、プロレス......いろんな格闘技を観てきたけど、この一戦が最高の試合ですよ。

長谷川博一●取材・文 text by Hasegawa Hirokazu