「ぼくらの働き方の可能性が広がる夜」を開いた

写真拡大

リクルートキャリアが運営する転職情報サイト、リクナビNEXTは、2014年7月7日、六本木ヒルズ(東京・六本木)で、若者の「働き方」相談を受けるバー「ぼくらの働き方の可能性が広がる夜」を開いた。

1979年生まれの3人をゲストに

元衆議院議員でニートやフリーター問題に取り組んでいるタレントの杉村太蔵氏、大人向けの就業体験を「旅行」という形で提供する仕事旅行社代表取締役の田中翼氏、生きるように働く人の求人サイトなど多くの「働く」にまつわるプロジェクトを手掛けている日本仕事百貨代表で、株式会社シゴトヒト代表取締役のナカムラケンタ氏ら1979年生まれの3人をゲストに迎え、自身の体験談・20代の頃の悩み・働き方・お金・将来像・ストレス・上司部下・ワークライフバランスなどの「働き方」について語った。

この日の会には一般の20代ビジネスパーソンも参加。イベント限定のオリジナルカクテルを楽しみながら、バーテンダーに扮した各ゲストに「働き方」について相談した。

杉村氏は衆院選に立候補したことなど自身の20代のエピソードを語り、「ひとつオーダーされたことに対して何かもうひとつ気を利かせて加えられる20代は組織で光ります。それを積み重ねてゆくと大きな仕事がやってくる」と話し、参加者たちに「行動を起こすことが自分の可能性をものすごく広げます!」とエールを送った。