洗濯の際の“困った!”を解決する方法

写真拡大

 毎日出てくる洗濯物。洗濯機で洗うとシワシワになったり、色が移ってしまったりと、いろいろトラブルもありますよね。今回は、そんな洗濯に関する困りごとを解決する方法をまとめてみました。

洗濯はキレイの基本

■色移りしてしまった服をきれいにするには?

 新しい服で、なおかつ「色移りにご注意ください」という表示のあるものは、他の洗濯物に色が移ってしまう可能性大です。何度も洗って色が落ちなくなるまでは、単独で洗うようにしましょう。
もし、うっかり一緒に洗って色が移ってしまったら、熱いお湯で対処します。
? 洗面器に60度ぐらいのお湯を張り、そこへ適量の洗剤と漂白剤を入れて溶かします。
? 次に色移りを落としたい服をつけ込み、そのまま数分おいてしみ込ませます。
? 最後にお湯の中に色を溶かし出すような感じでそっと洗い、色が落ちたことを確認したら水ですすいで終了です。

■白い服の黄ばみを消し去るには?

 水道管が古かったり、鉄分の多い井戸水を使っている場合は、洗濯物がだんだん黄色くなることがあります。また、体から出る皮脂も黄ばみの原因になります。せっかくの真っ白なシャツも、こうなってしまっては台無しですよね。
こんなときは、あきらめずに漂白剤を使ってみましょう。
? まず、首元などの特に黄ばみが気になる部分に台所用洗剤を塗ります。
? 次に、生地を傷めないようやわらかめのハブラシで汚れをかき出していきます。
? そして、洗面器に40〜60度ぐらいの熱めのお湯を張り、漂白剤を入れてよく溶かします。そこへ服をつけ込んだら、そのまま30分ほど放置します。お湯の温度が冷めないよう、別の洗面器でふたをしておくとより効果的です。
? 最後に、洗濯機でいつものように洗えば、黄ばみは驚くほどきれいに取れます。

■おしゃれ着がシワシワになることを防ぐには?

 昔はおしゃれ着といえばクリーニングに出すのが当たり前でしたが、近頃では節約も兼ねて自宅で洗う人が増えてきました。しかし、デリケートなつくりのおしゃれ着は、洗濯機から出してみるとシワシワになっていることも珍しくありません。そのまま乾かしても、よほど上手くアイロンをかけなければ外に着ていくことはできませんよね。
シワができてしまう原因は、脱水時間が長すぎることが原因です。通常は5分ほどの時間をかけて衣類の水分を絞り出すので、これを15〜30秒ほどに短縮しましょう。ただ、これだけでは水分が絞り切れず、ぼとぼとと水が垂れてしまうので、少し運転したら衣類の形を整え、また運転して整え……を何度か繰り返し、脱水が一カ所だけに集中しないようにするのがコツです。

 毎日の洗濯はキレイの基本。汚れやシワのない洋服なら、堂々と人前に出ることができますね。おしゃれ着には専用の洗剤も多く出ているので、そういったものを利用すると上手く洗うことができます。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by James Whitesmith