「4方向吸引 スマートヘッド」の搭載で、壁際にも強い!

写真拡大

日立アプライアンスは、小型・軽量ボディと、強い吸引力でしっかりと掃除ができるプレミアムクラスのサイクロン式クリーナー「パワーブーストサイクロン CV‐SA700」を、2014年7月19日に発売する。

新たに開発した「小型・軽量ハイパワーファンモーター」の採用で、従来に比べて20ワット(W)アップした、吸込仕事率420Wの強力な吸引力でごみをしっかり吸い取るほか、集じん部には新しい構造の「パワーブーストサイクロン」を採用したことで、吸込力が99%以上持続する。

また、前後・左右からのごみを逃さず吸い込む、新開発の「4方向吸引 スマートヘッド」を搭載し、壁際やヘッドの方向を変えにくい階段、テーブルや椅子の脚周りなどでも素早くラクに掃除できる。

ダストケースも、新開発のごみ排出機構「ごみダッシュ」を採用した。力強い風の流れでごみを圧縮。捨てるときには内部の筒で押し出すので、ごみが捨てやすく、ホコリの舞い上がりを抑える。圧縮しながらごみを集じんするので、約1か月分のごみを溜めることができる。

強力パワーながら、運転音も業界トップクラスの静かさ。さらに、きれいな排気を実現している。色は、ディープレッドとディープシャンパンの2色。

あわせて、「パワーブーストサイクロン」を採用したサイクロン式クリーナー3機種と、小型でさらに軽量なサイクロン式クリーナー「2段ブーストサイクロン」3機種、紙パック式クリーナー「かるパック」2機種を、順次発売する。

いずれも、オープン価格。