写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「ファンと共に走るレーシングチーム」をコンセプトに初音ミクGTプロジェクトを展開しているグッドスマイルレーシングは、マグネシウム製の軽量フレームを使ったミニベロ(小型自転車)シリーズ「HMR」シリーズを発売する。全3種類が展開され、完全受注生産の販売となる。

「HMR」シリーズは、グッドスマイルレーシングとマグネシウム製フレーム自転車「esr Magnesia」を製造するESRのコラボレーションから誕生。シリーズ共通のフレームデザインは、「SUPER GT 2014」に参戦中の「グッドスマイル初音ミクZ4」のレーシングミク2014ver.カラーをモチーフにしている。ラインナップは、シリーズのフラッグシップとなる『HMR-Extreme』(58万円)、ハイパフォーマンスモデルの『HMR-9』(19万8,000円)、走るシーンを選ばないシティユースモデル『HMR-X』(13万8,000円)の全3種類。

『HMR-Extreme』は、フロントフォークやホイールなど随所にカーボンパーツを用い、コンポーネントにはシマノDURA-ACE Di2を採用することで6.9kgという超軽量を実現。国内最高峰の自動車レース「SUPER GT 2014」で戦う「グッドスマイル初音ミクZ4」をモチーフにしたシリーズ共通フレームは、『HMR-Extreme』のみ溶接部のスムージング加工が施されている。

ロングライドからヒルクライムまで対応する『HMR-9』は、「HMR」シリーズの中核モデル。esrMagnesiaのマグネシウム製のフレームとフロントフォークを中心に、厳選された軽量なパーツ郡で車体を構成し、コンポーネントにはシマノ105が使用されている。車重は7.9kgで、スポーツ走行からシティユースまで幅広く対応する1台に仕上がっている。

そして「HMR」シリーズのベーシックモデル『HMR-X』は、esrMagnesiaのマグネシウム製のフレームとフロントフォークはそのままに、バーハンドルをはじめシティユースを意識した扱いやすいパーツ群で車体を構成。コンポーネントにはシマノSORAを採用しており、車重は9.6kgとなっている。

これら「HMR」シリーズは、本格的なライダーから、街乗りのサイクリストまで幅広いユーザーのニーズに対応しており、esr Magnesia販売店で完全受注生産として予約受付中。取り扱い店舗などの詳細は公式サイトまで。

(C)おぐち/ Crypton Future Media, INC. www.piapro.net costume designed by コヤマシゲト