【アニメ】「白銀の意思 アルジェヴォルン」第1話「僕の初体験!」ネタばれ注意)

写真拡大

●遭遇

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©AIOS/PROJECT ARGEVOLLEN
<キャスト>
ススム・トキムネ:逢坂良太
ジェイミー・ハザフォード:大西沙織
サモンジ・ウキョウ:土田大
スズシロ・サオリ:大原さやか
シルフィー・アップルトン:櫻井浩美
ロレンツ・ジュリアーノ:浜田賢二
ハンチョウ:手塚秀彰
ソラノ・アカネ:赤千夏
シオノ・カオル:橋本ちなみ
リクル・ヒカル:愛美
シュライン・リヒトフォーヘン:櫻井孝宏
ジュリアス・ユーニオス:速水奨

●ストーリー
アランダス連合王国とインゲルミア諸国統合体。
長きに渡る二国間の戦争は、アランダス建国以来の不抜の城塞、グレート・ウォールを挟んで膠着していた。
しかし、固く閉ざされていたはずの砦の門が音を立てて開かれ、戦況は大きく動き始める。

アランダス東方山地の隠し砦に駐屯する独立第八部隊。
そこには初陣を控えた新兵、ススム・トキムネの姿があった。
命令に従い、サモンジ・ウキョウ中尉の指揮の下、本隊と合流すべく移動を始めた彼らは、民間人を襲撃するインゲルミア軍と遭遇する。
罠の危険性を顧みず先行したトキムネは、トレーラーに乗っていた技師、ジェイミー・ハザフォード、そして白銀のトレイルクリーガー・アルジェヴォルンと運命の出会いを果たす。

戦うことが当たり前となった世界の片隅で起きた出会い。
この小さな偶然は、トキムネたち独立第八部隊の未来を変えると同時に、戦局に大きな影響を与えることになる――。
●オープニング
スズシロ・サオリ「サモンジ隊長、食事の準備が。」
サモンジ・ウキョウ「あいつらには恨まれるな。」


急遽、敵襲のため折角準備した野営設備を放棄して撤退する独立第八部隊。

新兵のススム・トキムネは不満たらたら。
●アルジェヴォルンとの出会い
ススム・トキムネ「撤退!俺達は逃げてるんですか?」

彼は現在の作戦と状況がまるで把握出来なかったようですが、独立第八部隊は軍の中でも冷遇されているため、危険な地域へ配属されていたのです。しかも急な敵襲のため急激な撤退を余儀なくされているわけで…。

敵の通り道で待機をしているススム・トキムネ。ところが目の前で民間のトレーラーが襲撃されていますが…。

ススム・トキムネ「民間のトレーラーを見殺しにするんですか?」
スズシロ・サオリ「仮定のためにみんなを危険に晒すわけにはいかないわ。これは命令よ!」

ところが命令を無視して飛び出すススム・トキムネ。敵の銃弾飛び交う中、トレーラーの側にいた小柄な女性(ジェイミー・ハザフォード)を保護しようとするも、

ジェイミー・ハザフォード「馬鹿!逃げられるわけないじゃない!」

彼女が守っていたのは戦闘メカ、アルジェヴォルン。操縦能力が無い彼女ですが敵に取られるよりはマシ。そこで彼女は乗り込んだものの、

ジェイミー・ハザフォード「良いこと思い付いた!お前が操縦してみろ!」
ススム・トキムネ「えッー!俺が操縦するんですかァ?」

そこで彼はアルジェヴォルンに乗り込み、操縦するのですが…。

ススム・トキムネ「すげえ、なんて操作性だ!色も形も。俺の操作してたものとは全然違う!」

「白銀の意思 アルジェヴォルン」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「彼女がフラグをおられたら」第12話「菜波、衝撃の事実を知る!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「白銀の意思 アルジェヴォルン」TVアニメ公式Webサイト
「白銀の意思 アルジェヴォルン」AT-X公式Webサイト