農業女子ブリリアントボディ化計画

写真拡大

 タニタとコーセーは、農林水産省が推進する官民連携の「農業女子プロジェクト」の一環として、日々農業現場で活躍する農業女子の健康管理を支援する『農業女子ブリリアントボディー化計画』を7月13日にスタートさせる。

 同計画は、タニタが全社を挙げて実施している通信機能を備えた健康計測機器とウェブとを連動させて、継続的な健康管理に取り組んでいる健康プログラムを、農業女子向けにアレンジした取り組みである。期間は3か月間で、期間中のモチベーション向上を図るため、終了後の11月5日に、優秀者を表彰するビューティーアワードを都内で開催する。

 女性農業者の健康をめぐる事情をみると、日本の風土と一体化した健康的な体であったり、体を動かすことによる心身の健康が体現できたりするといった半面、仕事優先の食生活による栄養バランスの欠如、肉体労働の蓄積による体へのダメージといった問題があったが、同計画では「健康と美」をテーマに、3か月間で適度な脂肪・適切な、筋肉のバランスの取れたブリリアントボディー目指すプログラムを実践していく。

 参加する女性農業者は21人で、30歳代中心となる。これを8つのグループに分け、通信機能を備えた体組成計を貸与し、週1回計測してデータをアップロードしてもらい、このデータに基づきタニタの管理栄養士から食事や運動などのアドバイスをフィードバックする。日ごろの活動管理には1日の総消費エネルギーが分かる活動量計を全員に配布し、摂取と消費のバランスを見ながら健康づくりに取り組んでもらう。また、コーセーは屋外作業時におけるスキンケアやヘアケアセミナーを実施する。一連のプログラム終了後に優秀者を表彰するアワードでは、表彰するだけでなく、コーセーに所属するプロのメイクアップアーティスト、スタイリストらが健康的な体をより輝かせるイベントも実施する。