4位Tに食い込んだ堀奈津佳(撮影:ALBA)

写真拡大

<日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇6日◇八尾カントリークラブ(6,454ヤード・パー72)>
 富山県にある八尾カントリークラブを舞台に開催された国内女子ツアー「日医工女子オープンゴルフトーナメント」の最終日。6アンダーの7位タイからスタートした堀奈津佳は5バーディ・1ボギーの“68”でスコアを4つ伸ばし通算10アンダー、4位タイで大会を終えた。

100枚を超える写真で「日医工レディス」の最終日を振り返る
 この日、堀は前半3バーディ・ノーボギーで3つ伸ばして折り返すと、バックナインでは14番でバーディ。続く16番でボギーを叩き一歩後退するも最終18番では3打目をピン横2メートルのバーディチャンスにつける。最後はじっくりラインを読みカップにねじ込んだ。バーディフィニッシュで最後にスコアを1つ伸ばした堀はトータル11アンダーでホールアウトした。
 先週の「アース・モンダミンカップ」は、順位こそ50位タイだったものの、最後にバーディを決めていい形で4日間大会を終えた堀。そして今週は妹の堀琴音がアマチュアながらチャレンジツアーを優勝し、「私も頑張らなきゃという思い」と気合が入った。そんな中で迎えた今大会。堀は3日間でボギー2つと終始安定したプレーを披露し4位タイに食い込んだ。しかしそれは好調というわけではなく、ピンチでも気持ちを切り替え冷静にプレーに徹したことが奏功した。
 そんな堀は今日7月6日が22歳の誕生日。22歳になったばかりの堀「少しずつ成長していきたいです。そしてもっとゴルファーとして強くなって、ゴルフを見て楽しかったと言われるようになれたら」と抱負を語った。
 そして来週はホステス大会である「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」が控える。昨年大会は吉田弓美子がトータル16アンダーで優勝と例年バーディ合戦となる同大会。今年も同様にバーディ合戦が予想される。その事は堀も想定しており「例年通りバーディ合戦になると思う。ここと同じでしっかり攻めて行きたい」と今週の攻めのゴルフを継続していく構えだ。先週から続くいい流れをさらに加速させて、ホステス大会で今季初優勝に挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>