写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で4日、キャラクターたちと水かけ合戦が楽しめる2つのショー、「ウォーター・サプライズ・パーティ」と「ワンピース・ウォーターバトル」がスタートした。

夏の風物詩「ウォーター・サプライズ・パーティ」は、ゲスト参加型の夏のエンターテインメント。今年は、頭上約60メートルもの高さまで水柱を噴き上がるビッグキャノンが、昨年の3台から5台に増え、水の量も1.5倍と大幅に増量し、子供が主役となるキッズエリアも新設された。

開催エリアのグラマシーパークには、「ウォーター・シューター(水鉄砲)」を持ち、気合十分なゲストが集結。パーティは、エルモやスヌーピーをはじめとするキャラクターとダンサーたちによるダンスで始まった。そして、水かけタイムが始まると、ゲストたちは一斉に、ウォーター・シューターでキャラクターたちに向かって水を発射。びしょ濡れになりながら、水かけ合戦を楽しんだ。さらにクライマックスでは、巨大なウォーターキャノンから大量の水が噴き上がり、雨のように水が降り注いだ。

また、サンフランシスコ・エリアでは、漫画『ONE PIECE(ワンピース)』をテーマにしたゲスト参加型ストリートショー「ワンピース・ウォ―ターバトル」を初開催。ショーは、ゲストが海軍への入隊訓練に参加するところからスタートし、入隊訓練中に、ルフィやウソップが乱入する。そして、海軍との水かけバトルが勃発。ゲストも一緒になってウォーター・シューターで攻撃に参加し、びしょ濡れになって水かけ合戦を楽しんだ。

ウォーター・サプライズ・パーティ【開催期間】2014年7月4日〜9月7日【場所】グラマシー・パーク【時間】1日2〜3回 ※各回約20分

ワンピース・ウォーター・バトル【開催期間】2014年7月4日〜9月7日【場所】ワンピース・エリア内(サンフランシスコ・エリア内)【時間】1日4回 ※各回約25分

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション