ぜんぜん女らしくないのにモテる“サバサバ女子”の魅力とは

写真拡大

 子供のころ、どこのクラスにも1人はいたしっかり者の女子。はっきりとものを言うし、体力面でも男子に負けていないのに、そういう子はなぜかモテていませんでしたか? そう。そのような人が男子に好かれるのには、ちゃんとした理由があったのです。

周囲を思いやる気持ちが大切

■思いやりがある

 サバサバ女子は、常に自分より相手の気持ちを考えています。そうでなければ、どんなことがあっても「いいよ、いいよ」とは言っていられません。まさに姉御肌、竹を割ったような性格ですね。
ここまで性格が良ければ、男子に注目されるのも当たり前。自分のことしか考えていないような“ねっとり女子”も意外と人気があるけれど、長く一緒にいるうちにうんざりしてしまいます。その点、サバサバ女子とはずっと気持ちの良い関係を築くことができるのです。

■自信を持って友人に紹介できる

 男子にとって、友人は大事な宝。女子のように嫉妬したり、牽制し合ったりせず、実に穏やかな関係を築いている場合が少なくありません。
そんな大切な友人には、当然、関係にヒビを入れそうな危ない女子を会わせるわけにはいきません。「私と友人とどっちが大事なの?」とせまったり、友人に色目を使うようなことをされれば、せっかくうまくいっていた友人関係がぎくしゃくしてしまいます。
その点、サバサバ女子は実に自然と輪に同化することができます。「オンナ」であることを武器にしないので、一緒に遊んでいても気を使わせず楽だし、さりげない気遣いも忘れません。結果的に「お前の彼女、いい子だな」と言ってもらえて、彼も鼻高々というわけです。

■ギャップに萌える

 普段サバサバしている子が、ふとした瞬間に見せる「オンナの弱さ」。このギャップにやられて好きになってしまう男子はとても多いのです。確かに、グッときそうなシチュエーションですよね。
「彼女のあんな一面を知っているのは自分だけ」というのも萌える要素のひとつです。

■一緒にいると楽しい

 サバサバ女子は、時間の使い方がとても上手です。計画性に優れているという意味ではなく、無駄に落ち込まないという意味です。どんなにキレイな女子でも、しょっちゅうメソメソしていればうっとうしがられますからね。
気持ちの切り替えが早いので周囲に気をつかわせず、誰かが落ち込んでいるときも、相手の負担にならないようさりげなく励ますことができるのは大きな魅力。一緒にいると元気になれるので、自然と好意を持つようになるのです。
結婚相手として選ばれるのも納得ですね。

 美人じゃなくても、女らしくなくても男子にモテてしまう女子の秘密、お分かりいただけたでしょうか? ある意味、内面を磨くことはメイクやファッションを研究するよりも難しいこと。でも、周囲を思いやる気持ちさえあれば、きっといつか、男子が愛して離さない“サバサバ女子”になることができますよ!

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by S I M B A Y U