錦織圭が、"テニスの聖地"と言われるウインブルドンで自身初となるベスト16に進出。これまでウインブルドンでの錦織の最高成績は、2012年と13年の3回戦進出で、24歳の錦織は、テニスの4大メジャーの中でウインブルドンだけベスト16以上に進出できないでいた。それは、ボールのバウンドが低く滑り、足元も滑りやすいグラス(天然芝)特有のゲーム展開の難しさに起因する。

「ハードやクレーでは、ディフェンスのプレーで、1本深いのを返球してしのぎますが、それが、(グラスでは)なかなかできない。ただ、サーブが良くなってきているし、プレーも安定してきて、試合内容も良くなってきているので、芝でのプレーも自信が増している」(錦織)

 ウインブルドン6度目の出場となった錦織には、日本男子で史上最高となる第10シードが与えられた。大会時の錦織のATPランキングは12位だったが、ウインブルドンは、世界ランキングだけでなく、過去2年間のグラス大会での成績を加味して、シード順を決める独自の基準があり、錦織はシード順をふたつ上げた。

「シードのことはあまり考えていないです。シード順が何であろうと、自分がすることは変わらないと思う。いつものようにしっかり準備して、いつものテニスをするだけです」

 錦織は、懸念されていた左股関節や左足ふくらはぎのケガが治り、1、2回戦では、シード選手らしい格の違いを見せつけた。さらに、ミドルサンデーを挟んで2日がかりのプレーを強いられた3回戦では、3時間13分の5セットにおよぶ勝負を制して初のベスト16進出を決め、錦織にしては珍しく両手を広げて喜びを爆発させた。

「嬉しいですね。別に16に入ることが目標ではないですけど、とりあえずグラスでひとつの壁を越えられた」

 こう語った錦織のプレーで目を見張るのは、サーブの「フリーポイント」が多いことだ。

 サーブでのフリーポイントとは、1打目のサービスエース、2打目の相手のリターンミス、相手の甘いリターンを3打目の自分のウィナーで決めること。つまり3打以内でポイントを奪うことをいう。

 今シーズンの錦織は、サーブからのフリーポイントが目に見えて増えており、特に大事な場面で際立っている。ビッグサーバーではない錦織が、フリーポイントを数多く獲得できるようになったことは、初のトップ10入りの要因のひとつといえる。そして、サーブがより重要になるウインブルドンでも、それが有効にはたらいた。

「サーブが良ければ、すべての流れが良くなる。(自分は)リターンが得意ですけど、芝では(相手の)サーブをブレークするのはなかなか難しいので、やはりサービスキープに一番集中しないといけない。少しでも集中力が欠けると、芝では大きなミスにつながるので、しっかりサーブに集中することがカギだと思います」

 際どい勝負だった3回戦でも、効果的なサーブでのフリーポイントは見られた。たとえば、ファイナルセット第5ゲームで、錦織は、自分のサーブで15−40のピンチを迎えたが、そこからすべてファーストサーブを入れ、サービスエース2本とリターンミス2本、つまりフリーポイントだけでしのぎ、ゲームをキープしてみせたのだった。

 サーブのフリーポイントが増えたのは、サーブ練習への取り組み方法に起因すると錦織は語る。

「そんなに多く変えているところはないんですけど、少しずつ日々の練習量を増やしてはいます。スピードも前より出ていると思う。特にグラスだと何本かエースが取れたり、フリーポイントも結構取れているので、これからもサーブの練習を増やしてやっていきたい」

 ウインブルドン初のセカンドウィークとなった4回戦で、錦織は、第8シードのミロス・ラオニッチ(カナダ/ランキング9位)と対峙。第1ゲームのブレークを活かして第1セットを先取したのは錦織だった。

 だが、ラオニッチのサーブの「コースが読めなかった」と振り返った錦織は、その後一度もブレークをすることができず敗退。23歳のラオニッチは、ツアー随一のビッグサーバーで、4回戦では、ファーストサーブで最高時速226キロを叩き出し、セカンドサーブでも最高時速218キロを出して勝負をかけ、錦織の反撃を許さなかった。

「(2012年の全豪以来)なかなかグランドスラムでベスト8に入れていないので、悔いが残る。来年はベスト16以上にいけるようにしたい」

 過去に2勝していたラオニッチに負けはしたが、ダンテ・ボッティーニコーチは、今回のウインブルドンでの錦織を評価していた。

「圭は、初めてウインブルドンでベスト16に進んだのだから、素晴らしい。今日はタフな相手に負けただけだ」

 夏には8月のUSオープンまで続く北米ハードコートシーズンが始まる。すでに、一度トップ10入りを果たした錦織だが、14年シーズンはグランドスラムでベスト8以上の成績を残せていない。大舞台で満足感を得られていない錦織は、今季最後のグランドスラムであるUSオープンでベスト8以上を狙う。

「昨年ポイントが取れていないので、アメリカシーズンで活躍することが、ランキングアップにつながる。ヨーロッパシーズンが充実し、ウインブルドンでもいいテニスができたので、この調子をキープして、夏にまたひと頑張りしたい」

「ドローにもよりますけど、できると思います」と、USオープンで自身初のベスト8以上進出へ自信をのぞかせる錦織は、最も得意とするハードコートで、トップ10復帰と定着を目指し、さらなる高みへと駆け上がろうとしている。

神 仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi