関連画像

写真拡大

毎日のように、遅くまで残業をしているが、本来なら定時で帰れるはずの仕事量。意図的に「ダラダラ残業」をしているようにしか見えない。あなたの職場にそんな同僚はいないだろうか。

インターネットのQ&Aサイトにも、「同じ部署の先輩の仕事が遅い」という声がある。投稿者によると、その先輩は時間内に仕事が終わらず、残業することが多いという。「自分の方が仕事量が多いのに、残業代の分、先輩の方が給与は多い」「損をしているようで、やる気を失う」と不満を募らせている。

このように、仕事が遅くて、定時までに仕事を終わらせることのできない従業員に対しても、会社側は残業代を支払わなければならないのだろうか。労働法にくわしい原英彰弁護士に聞いた。

●「勝手に残業」なら支払わなくてもいいが・・・

「その人が、会社の命令もないのに『勝手に残業』しているのであれば、残業代を支払う必要はありません。しかし、会社の指揮命令を受けて残業しているなら、残業代を支払わなければなりません。

残業代を支払わなければいけないかどうかのポイントは、『その残業が会社の指揮命令に基づくものであるかどうか』です」

原弁護士はこう話す。すると、残業代がもらえるのは、明確に会社から「残業しなさい」と言われた時だけなのだろうか?

「いいえ、そうではありません。指揮命令には『黙示』のものも含まれます。会社が、その人が残業するのを黙認していたのであれば、それは『黙示の命令』にあたる可能性が高くなります」

●「残業を禁止」するしかない?

そうなると、「仕事が遅い人には残業代を支払わない」というルールにはできないのだろうか?

「そもそも労働基準法は、残業が生じた理由を問題にしていません。法定の労働時間を超えた労働がある場合は、キチンと残業代を支払うよう定めているのです。もし、会社が、『仕事が遅い従業員に残業代を払いたくない』というのであれば、その従業員に『残業禁止命令』を出して、定時で帰らせることを検討するしかないでしょう。

しかし、この場合は、終わっていない仕事を他の人が処理しなければならなくなります。残業時間の偏りが出るという問題が残りますね」

原弁護士はこのように指摘していた。

こうした「不公平感」をどうやって解決するのか。そのあたりが、まさに会社側の腕の見せ所だろう。

(弁護士ドットコム トピックス)

【取材協力弁護士】
原 英彰(はら・ひであき)弁護士
企業法務を中心に取扱い、中でも人事労務分野を多く取り扱う。企業側の立場での団体交渉出席の経験が豊富で、平均週1回ペースで出席している。
事務所名:竹林・畑・中川・福島法律事務所
事務所URL:http://www.thnflaw.com/